ほっこり笑えるハートフルコメディ!おすすめマンガの話

ばらかもんマンガ
この記事は約5分で読めます。

現代はストレス社会

老若男女問わず多くの人がストレスを抱えていると言われています

我が国日本では働き方改革とか言ってはいるものの、やはり未だに労働至上主義で苦労することや自己犠牲することを美徳とする日本では労働に対する対価がアンバランスなように感じることも少なくありません

そんな中このようなアンケートの結果が出ました

あー、最近忙しくてストレスが溜まってるなー 30代男性(架空)

せっかく夏だというのにどこにも行けず全然楽しめなかった 20代女性(架空)

老後は田舎でスローライフが夢なんです 50代男性(架空)

フォントフェチで特に行書体や筆文字が大好き 10代女性(架空)

上記はアボナビが独自取材したものを一部抜粋させていただいたものとなっておりますが、お答えいただいた方に共通点があることに気が付きました。

その共通点はとある「マンガ」を好んで読んでいるということ。。。

なんとも不思議な共通点ですがそのマンガとはいったいなんなのでしょうか?…

、、

、、、

その名もっ!!!!

作:ヨシノサツキ
発行:スクエアエニックス

「ばらかもん」

ばらかもん

です!

✧\ ٩( ‘ω’ )و //✧

www.ganganonline.com

この漫画はスクエアエニックス社の「ガンガン」にて連載し、同社のマンガアプリ「マンガUP」で期間限定配信していた作品

物語は主人公半田清舟(はんだせいしゅう)のトラブルから始まります

書道家として活動している半田清舟は書道展示会の受賞パーティーで自身の作品を展示館の館長に「おもしろみがない」と酷評されたことにカッとなり、殴ってしまい清舟の父で書道家である半田清明(はんだせいめい)から自身を見直すため東京から長崎県の五島へ行くよう勧められるのです

φ(・ω・ )カキカキ

これまで都会の温室育ち、交友関係の狭い清舟は島で単身暮らしていき島の住人たちと関わるなかで、徐々に硬さがほぐれて変わっていくさまは我々の荒んだ心をスッと癒してくれること間違いなし!

( •ω•ฅ)

以下感想(ちょっと長い)

とここまでは一般的なあらすじをお話しただけですが、個人的な感想としては「続きが早く読みたい!でも、終わりに近づくのが寂しい」と感じる作品でした

この矛盾した気持ちが作品の良さを物語っているでしょう

( ˘ω˘ )

一般的にマンガなどの物語は起承転結が前提としてあります

多くの場合その過程や結果の部分をおおげさに”盛って”ちょっと極端にでデフォルメすることがマンガやアニメの特徴だと思うのですが、ばらかもんは多少デフォルメされている部分はありながらも極端なデフォルメはされていないようなところが良いんですね~

よくありがちな田舎の話だと住民はみんな暖かい人ばかりで、「親切、人懐っこい、協力的」というようなステレオタイプを全面に出しているものが多いように思います

しかし、実際の田舎は必ずしもそうではありません

田舎はみんな暖かいとは言うけどそれは仲のいい人や顔見知りの人だからで、それは都会でも実はあんまり変わりません

都会の人だって知ってる人には挨拶をしますし、お裾分けとか親切に接したり協力することはあります

狭い分顔見知りな人が多いからみんな仲良しで暖かいというような面が際立って見えるというだけだったりします

田舎だからこうなのではなく、自分が属するコミュニティの中ではみんなそうなるのだと思います

そういった側面をばらかもんはうま~く描かれているなあと思いました🤗

人懐っこいとか、親切で協力的とか、暖かく迎え入れてくれるとか

そういった側面は描きながらもちゃんとそうする理由も描かれているところが田舎に変なレッテルを貼らずに幻想に留めていないところが”リアル”な作品だと思います

もちろんお話なので盛ってる部分はあると思いますしアンリアルに感じる部分もあります

日常系の物語ではこのリアルさとアンリアルさのバランスがひとつのポイントだと思っていて、ばらかもんはそのバランスがとても良い作品だなと思いました

バランスと言えば、主人公の大人なのに子どもっぽい部分とヒロイン(と言っていいのか)のちびっ子なるの子どもなのに大人っぽい部分が面白かったですねw

なんかここまで頑張って説明しようと思ったんですが、説明難しいですね(^^;

バトル系のマンガなら迫力があって面白いとか、仲間との絆や熱い友情が面白いなどと説明できたりしますがばらかもんの良さって作品全体の雰囲気なのかもしれません

先生(主人公)となるを中心に他の島民たち、大人や子ども、両親や川藤たち東京の人物

隣村の人や美和やタマ、ヒロシたち学生の学校での友人たちなど直接関わる人だけではなくいろんなキャラクター、人物の会話だったり行動だったり

ばらかもんという作品全体の雰囲気がほのぼのとしていて、笑えて、感動して、心がほっこりして癒されます

私はマンガと言えばほとんどジャンプばっかりでしたが、マンガUPなどのマンガアプリなどで気軽にいろんな出版社の作品に触れることができるようになったことはいち利用者にとって幸運、幸福な時代だなと思います

もちろんマンガも商業なので売れてなんぼだと思いますがこれだけ多くのマンガがあるなかで1つ1つはそれほど大きな額ではなくとも、手探りで1からマンガを探すのは経済的にも労力としてもかなり厳しいです

おそらく無料で読めるアプリなどのキッカケがなければ私はこの作品に出会うことはなかったでしょう

探せば情報はあるけど、学生生活、仕事、家事などをしながら情報を集めることはなかなか難しいですから漫画家の方にとってはどうなのかわかりませんが、読者にとっては非常にありがたいですね

少し話がそれてしまいましたが、ばらかもんを読んでから嫌いだった漬物を食べてみようかなという気持ちになりました🙄

もし漬物が苦手な方がいましたらぜひばらかもんを読んでください🙄

しかし、そんな「ばらかもん」ですが

マンガUPでは期間限定で9月の9日で掲載終了してしまいます😱(毎年お盆あたりに掲載するっぽいです)

課金すれば一応全話読むこともできますが、上記リンクのガンガンONLINE7話まで試し読みができます!

また、ばらかもんはアニメ化もしてます😀

Huluなどの動画サイトでも視聴できるようなのでまずはアニメから視聴してみるのもいいかもしれないですね

(▼∀▼)ニヤリッ

もちろん漫画本やkindleなどの電子書籍版もありますので試しにみて気に入った方や気になる方はぜひご購読ください!

それではまた

(・ω・)ノシ

comment

タイトルとURLをコピーしました