クリエイターに4K・AdobeRGB対応モニターは本当に必要なのだろうか!?

モニターディスプレイモニター
この記事は約6分で読めます。

どうも

 

前回の記事を上げたものの、現在世界中で流行中の”ヤツ”の話題は広告NGらしいということで広告を外そうとしたら、はてなブログでは記事ごとに広告を外すのがめんどいことに気が付いてそっこー削除したうp主です( ー`дー´)キリッ

 

今回は世の中の流れとは逆行してお買い物に関する話です

 

ちょっと前に新しくパソコンを購入したんですが、モニターが以前パソコン買ったときについてきた中古品で、視野角はめっちゃ狭く色域もたぶん結構狭く、まあモニターとしての機能はアレな感じのシロモノだったので新しくモニター買おうかなぁって🥺

 

でも今までノートしか買ったことなくて全然わかりませんw

 

ということでここ最近ググりまくって調べてみて思った感想を3000文字以内に述べたいと思う所存です😎🤞

モニター選びの基準って?

思い悩む女性

モニターにはピンからキリまでいろんなものがあります

 

今使っている中古のモニターは真正面からちょっとズレただけで色がおかしくなるし、ペイントソフトとかで単色に塗りつぶした画像を見てもグラデーションかかってるし、おまけに目が疲れるめっちゃやべぇモニターです😇

 

モニター選びの基準にはいくつかあると思いますが

 

大きさ、解像度、色域、リフレッシュレート、パネル駆動方式などなど用途によって重視するべきポイントがあります

 

詳しい部分はネットにはプロの方がたくさんいますのでそちらにお任せするとして、ここでは主に解像度の話と色域のことについて話していこうと思います

モニターには一般向けとゲーマー向けとクリエイター向けがある

パズル

なんのためにモニターを使うのかは人それぞれありますね

 

例えばウェブ閲覧とかワードエクセルなど事務作業的なことをするために使う場合は、ブルーライトカット機能とかフリッカーフリーのものなど「目に優しいもの」を選べばいいと思いますし

 

ゲームのために使うならモニターの「応答速度やリフレッシュレート」

 

クリエイター向けのものなら「色域や表示色」が重要になってくると思います

 

また、ネットフリックスとかHuluとかPCで映画などの動画を観るためにモニターを使う人も結構多いのではないでしょうか?

 

そういった人の場合は4Kなどの解像度が高いモニターやコントラスト比が高いものがいいかもしれません

 

ゲーミングモニターとか映画鑑賞用とか、そういう用途ではまあ確かにそれなりのスペックがあったほうがいいのかなって思うんですが、クリエイター用のモニターってほんとにそれいる?って思うところもあるんですよね

プロとかクリエイターとか言ってもピンキリ

ホーム

例えば動画編集でもYouTubeレベルのものもあればMVレベルのものもあるわけで、フォトショップを使うにしてもフォトグラファーやファッション雑誌みたいなレベルもあればインスタレベルもあるんです

 

別にYouTubeやインスタがダメとかレベル低いってことではなくて、プロとかクリエイターにも方向性があって「方向性によっては必須ではない」要素もあったりします

 

今5G通信が始まって4Kモニターも安くなってきてて需要は高まっていると思うんですが、4Kでスポーツを観てもバラエティ番組は別に4Kじゃなくていいじゃないですか?

 

4Kは画質だけじゃなく表示領域も広くなるのでまあいいかなって思います

 

けどAdobeRGBはプロ中のプロ向けな気が🙄

結局なにがいいの?

お金があるなら「いっちゃんええやつ」で良いんですがそれだと半端なく高くなっちゃいます

 

人によって想定している用途があってそれに合ったものがあると思うので自分がどういう風に使う予定なのかを把握することが大事

 

今回はうp主が動画編集とか画像のレタッチとかしたりするので、クリエイターというか創作する予定という”てい”で考えてみました

4Kのメリットデメリット

4KモニターはFHDの4枚分なのでグラが4べぇ綺麗

表示領域も広くなるのでマルチモニターのような感覚

 

動画編集は表示領域が広くなるだけですごくやりやすい

 

場合によっては動画編集ソフトを起動しながらアフターエフェクトやフォトショを開いたり、ブラウザを開いたり、エクスプローラーを開いて素材の確認をしたりなど複窓でいちいちあれこれ最小化せずに作業ができるということで作業効率が上がると思います

 

一方で4KにするだけでPC本体の負荷も上がるので低スぺだときついかも…🤔

 

4Kモニターじゃないと4K動画が作れないわけじゃないので、個人的には作業領域を増やす目的なら別にFHD2枚でデュアルディスプレイにするとか、ウルトラワイドモニターを買うとかでもいいんじゃないかなって思ってます(エアプ)

対応色域の選び方

色域に関してはよっぽどじゃない限りsRGBをカバーしてればいいと思います

 

かといってAdobeRGB対応モニターがいらないってわけではないです

 

AdobeRGBに対応でもsRGBに対応してないわけじゃないので自由に切り替えできるし、対応の幅が広がるので合った方がいいのは間違いない

 

でもクリエイターなら必須か、プロだから必須かと言われるとどういう活動をしていくかによっては必須ではないんじゃないかなって思います

 

YouTubeとかSNSとかウェブ上での活動がメインだといらないかもしれないですが、仕事で雑誌やポスターなどを手掛けるようなプロの方ならないとやっていけないよって感じかもしれません

 

あとイラストレーターの人もあったほうがいいのかもしれないですね(液タブ使いの方は液タブが対応してない可能性)

 

でもたぶん動画クリエイターさんは別にいらないかも

動画は観る側のディスプレイに依存しますから

 

テレビならRec.709映画ならDCIってやつ基準みたいなので、自分が制作するコンテンツによって選ぶと良いですね

まとめ

お菓子

モニターの購入を検討していていろいろ調べてみて

 

クリエイターやプロなら4K当たり前AdobeRGB対応当たり前みたいな風潮で語られがちなのかなと感じましたが、ケチで定評のあるうp主が念入りにネチっこく調べた結果

 

活動内容によっては必須でもなんでもないなと思いました

 

ネットの情報ってアフィとか案件(目当ても含む)の発信も紛れ込んでるので情報を鵜呑みにすると無駄にお金を使うことになります

 

例えるなら携帯ショップみたいなもんです🙄

 

あれもこれもとおすすめ情報だしてきて、あったほうが安心だったりもしかしたら使うかもって思うこと、確実いらないって思うものにお金を払う人は少ないですが微妙に必要かもしれないなって思うものは悩みますよね?

 

うp主的には4KやAdobeRGBにはそれに近いものを感じました

 

あったほうが良いのは間違いない、だけどよーく考えたら本当にそれいる?多少使うかもしれないけどたくさん使う?使い倒せる?って

 

それが必要かどうかは人によりますがあんまり必要なさそうならここは予算から削れる部分になります

 

モニターは長らく使うことになると思うのでなるべく妥協したくないパーツになりますが、決して安い買い物ではないですからあまりに自分の用途とかけ離れたものは避けたいところ

 

個人的にはIPSパネルのFHD24~27インチの中からそれぞれの用途に応じて、応答速度とか色域とかHDR対応とか選んでいくのがいいかなって思います

 

といったところでちょうど3000文字近くなったので今回はこのへんにしておきます

 

いろいろ意見はあると思いますが、もし「え?クリエイターならこれじゃなきゃダメなのか」などとお悩みの方の参考になっていたらうれしいです

 

それでは(・ω・)ノシ

comment

タイトルとURLをコピーしました