【CivilizationⅥ】全勝利条件でクリアした感想(バニラ)【レビュー】

civilizationⅥアイキャッチ画像 洋ゲー

おもしろい😤

 

結論からいうと思ってた以上に面白くてかなりハマりました

 

今回はエピックゲームズストアで無料配布された「Sid Meiers Civilization Vl  」の全勝利条件を達成したので感想文を書きたいと思います👶

 

個人的に良かったところと微妙だったところと、もし今から買おうかなって思っている人がいたらちょっとした注意点についてもあるので、よければ参考にしてください(▼∀▼)ニヤリッ

シヴィライゼーション6のはなし

シヴィライゼーションとは

まずシヴィライゼーションというゲームについて

 

シヴィライゼーションは通称「civ」とか「シド星」とか言われたりもする、歴史や文化をテーマに様々な国や文明をモチーフにしたボードゲームっぽいストラテジーゲームです

 

PS4・Xbox・switch・PC・スマホと遊べる機種もかなり多くて、さほど要求スペックも高くないのでプレイするハードルは高くありません

うp主
うp主

雰囲気は全然違うけど日本で言うなら「桃鉄」の世界版みたいな感じ🤔

桃鉄とは違ってキングボンビーはいないし、他の国との協力や戦争もあります

 

うp主はシヴィライゼーションはこれが初めてでしたが、全勝利条件を達成するまでに総プレイ時間は60時間ぐらいになってました

 

これに加えて数々のDLCで新しい国や指導者の追加、ゲームモードの追加があるのでこのゲームだけで1年以上は遊び倒せそうです😇

各勝利条件について

勝利条件は複数用意されていて

バニラ(追加DLCなし)の状態だと全部で5つあります

 

「制覇・文化・科学・宗教・スコアの5つ」

  • 「制覇」戦争ですべての相手の首都を落とす
  • 「文化」一定値以上の国外観光客を集める
  • 「科学」宇宙プロジェクト3つ最も早く研究する
  • 「宗教」全世界の宗教を統一する(自分の宗教)
  • 「スコア」最終ターンまでどれも達成せず最もスコアが高かった人

※スコア勝利は判定勝ちみたいな感じなのでおまけみたいなものです

 

勝利条件は最終的に達成すればいいので、序盤は宗教勝利を目指してたけど途中で制覇勝利に切り替えるみたいなプレイも全然アリ😎

勝利は国や指導者選びから始まっている

国や指導者によって特殊な能力があり

各勝利条件に合った能力を持つ国や指導者など割と複雑で、最初は覚えることも多くて気づいたら夜中まで熱中して寝不足の人が続出する中毒性のあるゲームです🥱

 

「国や指導者によってはあからさまに強いのもいます」

 

シヴィライゼーション6は基本的に制覇勝利の方が狙いやすいと思いますが、制覇勝利を狙うならスキタイがめちゃくちゃ強いです

 

他にも文化勝利を狙うならギリシャが強いし、宗教ならアラビアやロシアなど国や指導者によって向いてる勝利条件があるので、最初に誰を選ぶかでも勝負は始まっているのです😤

 

さて、そんなシヴィライゼーションですが、ここまでプレイして良いなと思ったこととあまり良くなかったことなど、いろいろ感じたことがあります

良かったところ

良かったところは4つ

  • 世界遺産や文化遺産を学びながら遊べる
  • 国や指導者ごとの特徴が出てて面白い
  • 時代ごとの歴史を想像しやすい
  • 勝利条件が多く繰り返し遊べる

 

実在する国や指導者がモチーフになってて、

教科書で軽く見た程度の知識でも親しみがあってすんなり入りやすかったです( ゚д゚)ウム

 

国や指導者ごとの能力もそれぞれ特徴が表れてて、歴史にあまり興味がない人でも楽しみやすいです

文化遺産や国の固有施設をみるだけでも楽しい

シヴィライゼーション6の日本は「北条時宗」が指導者で、日本の固有ユニットには侍、固有施設にはエレクトロニクス工場といった感じでその国になじみ深いものがあったりするところも面白い🌏

 

ユニットや施設はマスに配置されて見た目もそれぞれ違うので、いろんな国の固有ユニットや施設を建ててみるだけでも楽しいです

 

シヴィライゼーションではどの国でも条件を満たせば共世界遺産などの遺産を建てることができます

例えば日本にピラミッドを建てることもできます😎

ゲーム中早い者勝ちで建てられる施設なので、建設予定の遺産を先に敵国に建設されておじゃんになることもしばしば😅

 

ちなみに遺産を建てると、その遺産の歴史を簡単に説明するナレーションも流れるので学びながら遊べる感じなところがお気に入り

ちなみにナレーターはナビ役が「東山 奈央」解説役が「鈴村健一」と人気声優が教えてくれるので耳が喜びます🤗

勝利条件も多くて何回も遊ぼうと思える感じで長く楽しめました

あまり良くないところ

ちょっと微妙だなって思ったのは5つ

  • DLCがないと単調
  • 結構時間がかかる
  • NPCがアホなところがある
  • やたら嫌われる
  • システムが複雑

一番の難点はバニラは体験版みたいなもので、定期的に配信されるDLCがないと本格的には楽しめないかなって思いました🤔

DLCがないと微妙かも?

追加DLCはいくつか種類があって、

シナリオパックと拡張パックがあります

シナリオパックとは

シナリオパックでは新しい指導者と追加シナリオをプレイできるようになります

 

追加シナリオは通常プレイとは違って

決まった敵と独自のルールで勝負します

 

史実に基づいた感じのゲームモードになってるので新しい楽しみ方ができますね

 

通常プレイでも指導者が追加されるので通常モードでも奥行きが広がります

拡張パックとは

拡張パックは通常プレイに別のルールが追加されるタイプのもので、現在拡張パックは「文明の興亡」と「嵐の訪れ」の2種類あります

 

文明の興亡では「都市の忠誠心」というシステムと「総督」というシステムが追加されていて、さらに新しい指導者と国が複数追加されます

 

嵐の訪れでは「自然災害」や「地球温暖化」「資源の枯渇」などの新しいシステムが追加され、こちらでは「外交勝利」という新たな勝利条件も追加されます

 

DLCでありながらもはや新作といってもおかしくないぐらいの大型コンテンツになるので、これらのDLCがあるのとないのとではシヴィライゼーション6は大きく異なるといってもおかしくないでしょう☝

バニラでも複雑で覚えるのに時間がかかる

DLCは最初から必要なものではないのであまり気にしなくてもいいかもしれませんが、そもそもシヴィライゼーションシリーズは歯ごたえのある難易度で知られています

 

システムも複雑ですし覚えることも多いです😇

 

難易度を下げればそこまでしっかり覚えなくても勝てますが、基本的な部分になるのでこれを覚えておかないと、プレイに慣れたところで難易度を上げると勝てなくなってしまします…

 

そもそも1プレイあたりの時間もかなり長く、自分か相手か勝利が決まるまでに少なくとも8時間はかかると思いますので、サクッとした気軽さはありません

ボードゲームやストラテジーゲーム自体1ゲームに時間がかかると思うので、シヴィライゼーションが特別というわけではないと思います

NPCにちょいイラ

シヴィライゼーションは難しいと言いましたが、システムが複雑だったり初期位置で大きく左右されたりすること以外はそんなに難しいわけではありません

 

むしろNPCは割とアホなのでNPCのアホさを逆手にとれば難易度は落ちるのかなと思います🤪

ただ、NPCはこちらが友好的に接しても大体嫌われますw

特に制覇勝利を目指すときは全世界から嫌われること間違いなしなので、プレイ中は終始非難されまくります

 

制覇はまあ戦争なので仕方ないかなって思うのですが、化学勝利を目指すときも文化勝利を目指すときも、各国の指導者はそれぞれ好みがあるので自分たちの政府方針と違うだけで非難してくるし、資源を持ってるだけでキレられることもあります( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

 

指導者たちの表情も豊かで非難してくるときの怒ってる表情は本当に怒られてるみたいになるので、イラっとして軽率に宣戦布告しないよう注意が必要です😡w

 

個人的にはスキタイとコンゴが能力的にもヤバイし、非難してくるときの顔や動きがお気に入りです

シヴィライゼーションをする際の注意点

シヴィライゼーションは熱中しすぎて遅くまでプレイしてしまうことがあります

 

翌日の仕事や学校に影響が出てしまうこともあるので、睡眠時間を削りすぎて日常生活に支障が出ないように注意が必要です🚧

それとDLCはかなりの数出てて、全部買おうとするとソフトもう一個分ぐらいになってしまいます

予算的に厳しい場合は拡張パックだけ購入したり、PC版の場合はセールも結構やるのでセールを見計らって購入するといいかもしれません👌

 

あとは当たり前ですが室温も気にした方が良いと思います

 

ゲームをするとゲーム機やPCからの排熱で室温が高くなりますから熱中症などにも注意が必要ですし、暑いと処理能力が悪くなってしまうので換気や冷房など、室温にも注意しながらプレイを楽しんでください

シヴィライゼーションの総評

最後に総評に移りたいと思います(5点満点)

  • グラフィック3.0
  • BGM5.0
  • ゲーム性4.5
  • 操作性3.0
  • コスパ3.0
  • 総評4.0

グラフィック

グラフィックは割と良いんですが、洋ゲーあるあるなキャラクターで人を選ぶかなって思いました

ただ施設とか世界遺産などのグラフィックは見もので、遺産が建ったときの演出はナレーションも相まって軽く感動ものです🥺

BGM

BGMは荘厳でクラシックのオーケストラみたいな感じの音楽や、民族音楽的なものが使われててプレイを盛り上げてくれます

タイトル画面の曲はマジで名曲です

『シヴィライゼーション VI』テーマ曲ライブ – カドガン・ホール2016年

ゲーム性

ゲーム性はストラテジーゲームが好きならハマると思います

いろんな勝利条件もあるし国や指導者も数が多いので幅広く自由に遊べて高評です

 

ただDLCの有無でだいぶ違ってくるのでバニラだと4ぐらいかなって思いました

操作性

コントローラーでの操作性は試してないのでわからないのですが、マウス操作では右に左に端から端へと動かしたりすることが多かったのでちょっと大変でした

 

でもキーボードにも設定されているのでキーボード操作を覚えさえすればもっと操作性は良かったかもしれません

 

ちなみにうp主はDPIを6400まで上げてプレイしたりしてました

コスパ

コスパは通常版の価格が7000円ぐらい

セール時は2000円程度になるのでセール時に買うのがおすすめです

 

通常版以外にもいくつかのDLCが同梱されたプラチナエディションがあります

 

通常価格で14000円ぐらい

セール時には6000円ぐらいになります

 

プラチナエディションには拡張パック2つとシナリオパックが6つ同梱されてて、少しお得に購入できるのでガッツリやりたい人は最初からプラチナエディションを買うのがおすすめ

 

これが好きな人はこのゲーム一本で1年は遊べると思うのでコスパは良いと言えるのですが、DLCありきなところがあるしDLCがあっても全勝利条件クリアぐらいで十分満足すると思うので、コスパは普通ぐらいかなと思いました

総評

総合的に考えても、人気シリーズなだけあっておすすめ度は高いと思います

 

個人的には今はバニラでしかプレイしていませんが、DLCの方も検討してみようかなって思っています

 

ストラテジーゲームって内政メインか戦略メインかという感じで、どっちかに振り切ったものが多いですが、シヴィライゼーションはどちらも楽しめて自分にあったプレイが見つかると思いますので、はじめてのストラテジーとしてやってみるのもアリなのかもしれないですね

 

それでは感想はこんなところで(・ω・)ノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました