結局動画編集に最適な編集ソフトってなに?っていう話

ソフトウェアソフトウェア・アプリ関連
この記事は約8分で読めます。

f:id:abocadonotane:20200217005420j:plain

どうも

 

ゆっくり実況以外の動画もやってみたいということでランサーズに登録してみた

 

うp主です( ー`дー´)キリッ

 

というのも、最近めっちゃ芸能人のYouTube参入増えてるじゃないですか

 

芸能人だけじゃなく結構有名ブロガーとかも始めてたりしますし

 

セミナーとか講師的なことをやってる系の人らも増えてきてたりしてて

 

昔は芸人みたいな人やニコ動の流れ者みたいな人ばっかりだったつべ界隈もメジャー化が半端なくなってきました🤪ヒャッハー!!

 

芸能人からすればファンサービスの一環というか、これまでブログとかツイッターとかでやってきたようなことの流れもあると思いますが、一般の方はシンプルにお金になるとか本業につながるなどビジネスとしての流れも多いのかななんて思ったりします🤔

 

たぶんこれをみてる方の多くが「これからYouTubeやってみたいけど編集とかどうしたらいいんだろう?」って方なのかなって思いますが、今回は動画編集ソフトって結局どれがいっちゃんええんや?ってことについていっちょチラ裏っていきたいと思います(▼∀▼)ニヤリッ

動画編集について

キッズ

結論から言うとYouTubeの動画編集を始めたいという方は「Davinci Resolve」の無料版がおすすめ😎🤞

 

ダビンチは無料版でも十分機能も充実してますし、もし物足りなくなったとしても有料版が買い切り「33980円(税別)」なので有料でも手が出しやすい価格となっています

 

しかし動画編集を副業としてやっていきたいならアドビのプレミアプロがおすすめ

 

理由はアドビが業界スタンダードだからなのかなんかアドビ製品指定で発注するクライアントが多いからです

 

個人的にはアドビ自体に何の恨みもないですがこのとりあえずアドビで良いか的な風潮が嫌いなのでダビンチをおすすめしたいです😇

動画編集ソフトは大別すると二択

分かれ道

はい、編集ソフトは大きく分けると2種類あります

とかもっともらしい感じで言ってますけど単に「無料」か「有料」かということです

 

有料のものはお金が掛かる代わりに機能が充実していたり、バグとか不具合とかあったときにお問合せやサポートがあったりなどお金を払うだけのリターンがあります

 

一方無料のものは費用が掛からないかわりにサポートがなかったり、機能が少なかったり、無料なりのクオリティになってしまうところはあるのかなと🤔

 

でもぶっちゃけYouTube程度(失礼😇)の編集なら無料で別に良いと思います

 

だってYouTubeの編集って別に大したことないんですから(失礼😇)

YouTubeの編集が難しくないと言う理由

大したことないって言うと、曲解される恐れがあるので補足します🥺

 

YouTubeの編集は大きく分けると3つの工程になっていて

  1. まずはカット
  2. テロップなど文字入れ
  3. 画像とかアニメーションとか装飾すること

この3つが主な内容で1、2、3の順で重要度が高いです

 

これを体現しているなと思うのはVlogってやつです

Vlogってのは「Video blog」の略でブログの動画版のこと(՞ټ՞☝

 

ラーメン食べたりかき氷食べたり犬の散歩したりするのを動画に撮ってアップする感じのやつ

 

※余談ですが最近女優の川口春奈さんがYouTubeでVlog始めました🤗

 

Vlogはほぼカット割りだけで余計な文字とか装飾しないのが多い印象で

 

カット編集ぐらいなら無料ソフトでも十分できますし、複雑な技術が必要なものでもないので老若男女問わず多くの人が苦なく出来ると思います😎👍

 

ちなみにテロップも無料で十分できますし特別難しいものではありません

 

アニメーションなどの装飾に関しては動画ソフトだけだと限界があるので別のソフトが必要になってきたりします🙄

 

例えばアドビのアフターエフェクトとかダビンチリゾルブのフュージョンとかですね

 

この辺は動画編集というかなんていうか、もう一歩進んだものって感じなのでYouTubeをビジネスとして考えている人かこだわりたい人じゃなければ重要度は低いと思います

無料でおすすめなソフト

ゼロ

無料でおすすめなのはDavinci Resolveです😎🤞

無料で高機能なソフトはこれ以外ないと言っても良いでしょう。たぶんきっと

 

なんでオススメなのかというとダビンチはマジでやれることが半端なく多いんです🙄

 

4K動画の編集とか、カラーグレーディングとか、フェアライトでは音をいじくることもできて、無料なのにやれることの幅がめちゃくちゃ広い

 

フュージョンという機能を使えばアドビのアフターエフェクトで作成するようなエフェクトだったり、アニメーションだったりを無料で使えちまうってのはかなり大きい…🙄

 

他にもゆっくり実況をするなら必須となる

ゆっくりムービーメーカーも無料の割に使いやすく、同じくゆっくり御用達のAviutlもYouTubeの編集をするには十分な性能です😤

 

YMM4はもはやゆっくり実況をしなくてもシンプルな動画編集ソフトとして使いやすいですし、無料ソフトでもそれほど不足なく編集することができます

 

ダビンチの方がおすすめではありますが、PCスペックが低くい場合はAviutlやYMMがおすすめです😎👍

※YMM=ゆっくりムービーメーカー

有料でおすすめなソフト

ソフトウェア

有料もおすすめはDavinci Resolveです🤗

と言いたいところですが有料でおすすめなのはAdobeのPremierePro

 

ダビンチの欠点でありプレミアプロの利点なのが情報量の多さにあります

 

アドビはPhotoshopもillustratorもAftereffectsもPremiereProもユーザー数が多いのでググったら情報が出てきて問題を解決しやすいんですよね( ..)φメモメモ

 

特に初心者だと最初は何をどうやったらいいのかわからないですから、情報量は大きなアドバンテージとなります🙄

 

ソフト自体の評価ではないんですが月額制で手が出しやすく学習しやすいことを踏まえると有料でおすすめなのはプレミアプロかなと😎

 

ちなみに他にもマック使いの人ならアップルからFainal Cut Proも評価は高いですし

 

Fimoraも安くて初心者にも扱いやすい動画編集ソフトだと評判です

 

機能的な差はあれど慣れの問題もあるので価格や情報量で決めちゃってもいいと思いますが、動画編集を副業など仕事としてやるならプレミアプロ指定の案件が結構あるのでご注意ください⚠

結局どれが一番いいの?

伸びる

いろいろ意見はあると思いますが用途によって違ってくるところはあります🤔

 

例えばYouTubeなどあくまで趣味でやるなら無料のもので良いと思いますし、副業としてもカットやテロップ入れのみであれば必ずこれじゃなきゃダメってほどではないです

 

ただ動画編集を仕事や副業としてやるならプレミアプロが一番いいと思います

 

理由は先ほど言ったようにプレミアプロ限定などとクライアントが指定してる案件が多いからです🙄

 

欠点としてはアドビ製品は動作が重いと言われている点

 

これはPCのスペックの問題というより長年アプデを重ねてきて多機能になった弊害としてソフトが重くなっていったみたいです(。-`ω-)ンー

 

もしガチで動画制作をしたいとかであればダビンチリゾルブが良いかもしれません

 

高機能かつ多機能で買い切りかつアップグレードも年に1回ぐらいはやってるみたいですし伸びしろまであるのですからおすすめせざるを得ません😤

 

あと動画編集自体パソコンのスペックが要求されるものではありますがダビンチは比較的軽いと言われています

 

推奨スペックはそれなりの性能を提示してますが実際私の使ってるパソコンはCPUはcorei5の第四世代のやつで、メモリは8G、グラボはCPU内蔵のIntelHDグラフィック4600というスペックのPCでもHDぐらいなら特に問題ありません(。-`ω-)ンー

 

FHDだとあまり満足に編集できないですが短いクリップや簡単な編集ならいけます😎

 

これぐらいの最低スペックになるとやり方も工夫しなければなりませんが、グラボさえ取り付ければよほど凝った編集じゃなければいけると思います

 

これから5Gの時代だからもっと動画の需要が伸びるとか言われてますし

 

盛り上がっているのを見て自分自身もYouTubeを始めたいと考える人も多いと思います

 

編集自体はめんどいだけで難しいわけではなかったりしますので、もし興味があるならYouTubeは無料ですし挑戦してみてはいかがでしょうか(▼∀▼)ニヤリッ

comment

タイトルとURLをコピーしました