MENU
あぼか
うp主
PC関連1年生
自分が欲しいもの・気になるものを徹底的に調べて得た知識をライト~ミドル層向けに発信してます!
質問コメントなどお気軽に( ´灬` )フォッフォッフォッ
PCガジェット系ブログ→アボログ
ゲーム系ブログ→アボログGAMES
目次

応答速度ってなに?GtG・MPRTの違いとかオーバーシュートとか

この記事でわかること

  1. モニターの応答速度のこと
  2. GtGとかMPRTの違い
  3. 逆残像とかいう現象

ゲーミングモニターがテレビや普通のモニターよりゲームに向いてる理由のひとつに応答速度というものがあります

応答速度は簡単に言うと「映像を表示する速度」のこと

応答速度が遅いと残像が発生してしまうのでFPSでは重要な性能となっています💡

んで、応答速度はどう見ればいいのか?結論から言ってしまうと

MPRTは実際の感覚に近いけど、黒挿入を使わないならGtGの速度が重要

しかしこの応答速度ってやつは結構厄介なもので、実は公表されている数値はあまり当てにならない場合が多いんですよね🙄

そこで今回は応答速度についてどのように見ればいいのか解説していっちゃいます( ー`дー´)キリッ

ポチって移動する目次

応答速度とは

んで、応答速度って結局なに?って話ですが

リフレッシュレートが画面の更新回数なのに対して、応答速度は表示速度のことなんですね

例えば赤から青に切り替わるまでの時間が1msだとしたら、そのモニターは0.001秒で赤から青へ切り替わっているよーってことなのです😤

1ms(ミリ秒)=1000分の1秒=0.001秒

応答速度はGtGとMPRTがある

応答速度の計測方法は主に2つ

  1. GtG
  2. MPRT

現在メーカーが公式に出している応答速度は中間色のGtG

GtGと共に出すことが増えてきているMPRTの2種類あります

過去には「黒→白」「白→黒」のようなRGBの0 or 255の表示速度を応答速度としていましたが、現在は白か黒かより中間色(RGB 1~254)の速度を採用することが主流

では次にもう少し詳しくGtGとかの計測方法についてみていきます🕵️‍♀️

応答速度の計測方法

GtG(グレートゥグレー)

GtGとはGray to Grayの略

あるグレーからあるグレーに変わるまでの時間を計測する方法です

あるグレーってなんやねん!って思う方もいると思うんですが、赤っぽいグレーとか青っぽいグレーみたいないわゆる中間色と言われるやつのこと

ざっくり言うと中間色が変化する時間がGtG

MPRT

Moving Picture Response Timeの略

動画応答時間とも言われるもので、動画などの映像を表示したモニターを撮影して、動きのある映像を追従しエッジ部分のぼやけを計測する方法です

ざっくり言うと実際の見た目に近いボケ感がMPRT

詳しくはこちらのPDFで解説されてます(・ω・)ノシ
https://home.jeita.or.jp/device/lirec/symposium/lcd_2007/doc/2A_Someya070215.pdf

これだとまだわかりにくいので追記

  • GtGは中間色の速度なので主に色のついた映像に関わるもの
  • MPRTは追従視なので動いている物体の周囲・輪郭部分に注目したもの

人は動いているものに目が向くので、中間色のGtGとエッジ部分のMPRTではMPRTの方が残像が気になるということになります

GtGは当てにならない?

GtGの公表スペックは計測値で最速のものです

それはあくまで速さだけを求めた数値なので、オーバーシュートがゴリゴリに発生してても1msは1msと表記されます🙄

立ち上がりの速さに注目したものなので残像がないわけではありません

しかしそこまで当てにはならないとはいっても、GtGが標準なのである程度参考になるのでチェックしておきましょう🕵️‍♀️

わん吉

VESAが定めるGtGの計測方法があるっぽい(ソースは下記)ので、そういうものと理解して見れば参考になる

現時点での情報をまとめると、VESAで策定予定の統一規格では、人間の目の動きを考慮して応答速度を算出するようだ。このため、計測器で単純に測定した数値よりも、若干遅い数値が出るという。 

https://www.eizo.co.jp/eizolibrary/other/itmedia01_03/

MRPTは当てになる?

MPRTも実際の感覚に近いとはいえGtGが無意味というわけではありません

というのは、MPRTとGtGでは別物なのでMPRTでは速くてもGtGで遅かったら残像が発生するということ(。-`ω-)ンー

例えば「AOC C27G2ZE/11」は応答速度が 0.5ms (MPRT) / 4ms (GtG) となっています

AOC C27G2ZE/11のスペック表

画面サイズ27インチ
解像度1980×1080(FHD)
パネルVA
リフレッシュレート240Hz
応答速度0.5ms (MPRT) / 4ms (GtG)
引用:AOC公式

AOC C27G2ZE/11は240Hzのゲーミングモニターなのに3万円台と超絶コスパの良いモニターですが、応答速度はMPRTとGtGで差があります

うp主

どうやらMPRTは黒挿入を使用して計測しているらしく、0.5msはあくまで黒挿入使用時の速度とみておいた方がよさそう

下の動画の8分39秒あたりがちょうどわかりやすい感じだったので確認してみてください٩( 'ω' )و

にゃん吉

公表スペックは最速値なので、動画にある赤っぽい壁のところや暗い部分などは4msより遅いってことなのかなと

海外情報でよく見かけるBlack Smear(ブラックスミア)っていう現象で、主に暗い色の応答速度が遅いことで発生するもの

逆残像オーバーシュートという現象

応答速度を高めるためにゲーミングモニターにはオーバードライブという機能があります

この機能は電圧を上げて応答速度をブーストしちゃおう!っていうもの💡

オーバードライブのおかげで応答速度が遅いとされていたIPSパネルやVAパネルでも問題ないレベルになった反面、オーバードライブが原因で逆に残像が発生するようになってしまいました

この現象をオーバーシュートと言います

オーバーシュート

https://www.eizo.co.jp/eizolibrary/other/itmedia05/

右側の変に明るくなっているのがオーバーシュート

電圧をかけて応答速度をブーストするオーバードライブは、このようにちょっと行き過ぎて本来の色を飛び越えてしまうことがあります

その反対、暗い部分がより暗く表示される現象をアンダーシュートと言い、右の画像では左側だけ色が黒っぽく表示されているのがわかります

ゲーミングモニターはオーバーシュートなど構わず最速の値を応答速度として公表しているので、実際に使ってみるとめちゃくちゃ逆残像でるやん!ってなることがほとんど

なのでオーバードライブは大体デフォルトの設定か、5段階中の3ぐらいがベストだったりします

わん吉

応答速度はこれがあるからあまり公表スペックが当てにならない

MPRTがないなら黒挿入をチェック

もし応答速度にMPRTがなければ黒挿入を確認しましょう

黒挿入とは、モーションブラーリダクションとも言われる残像低減機能のことで、画面を高速点滅させ画面更新のたびに黒い映像をはさむことでホールドボケと言われる残像をカットするもの

黒挿入
  • BenQ「DyAc/DyAc+/ブレ低減」
  • ASUS「ELMB」
  • Acer「VRB」
  • Pixio「MPRT」
メーカーで名称が違うよ

ん?って思うのがPixioの黒挿入は「MPRT」って言うんですよね🙄

応答速度のMPRTはホールドボケに注目した計測方法なのでかろうじて伝わるけど、各メーカー名称がバラバラなのでわかりづらい😇

にゃん吉

ちなみにMPRTで1msなどの高速なものは黒挿入を使用して計測しているらしい

今日ディスプレイメーカーが使用している一般的なMPRT仕様は1msです。1msのMPRT仕様を実現するには、現在の技術に基づくLCDは、それを可能にするために、ある種のブレ低減バックライトを備えている必要があります。

TFT Central|Why Moving Picture Response Time (MPRT) Specs Can Be Misleading and Where 1ms MPRT is Sometimes Abused

黒挿入については別の記事で解説してますのでよければそちらもどうぞ٩( 'ω' )و

応答速度はあんま気にしなくていい理由

実はリフレッシュレートが低いほど残像の影響度は上がります

どれだけ応答速度が高くてもリフレッシュレートが低ければ残像の悩みは解決できないのです🙃

つまり応答速度を気にして選ぶより、リフレッシュレートを気にしたほうが良いということ

にゃん吉

なるほどわからん

なんで高リフレッシュレートモニターだと残像が減るのかはこんな感じ

STEP
残像が発生する

STEP
画面の更新で残像も消える

STEP
リフレッシュレートが高いと残像が減る

これはGtGの応答速度が十分にあることが前提

といっても、ゲーミングモニターは基本どれも必要最低限は確保されているのでほぼすべてに当てはまります

MPRTは高リフレッシュレートほど低い

今回応答速度を取り上げるためにネット上にアップされているPDFや海外サイトでガッツリ調べてきましたが、モニターの残像と言われるもののほとんどがMPRTで計測しているボケ感だと思います

そしてMPRTはリフレッシュレートによって増減することがわかりました

60Hzディスプレイでは、MPRTは16.67msになります(つまり、新しいフレームが画面に送信される速度は1000ms / 60Hz = 16.67msです)。120Hzディスプレイでは、これは8.33msに半分になります。144Hzでは6.94ms、240Hzディスプレイでは4.16msになります。(Google翻訳)

TFT Central|Why Moving Picture Response Time (MPRT) Specs Can Be Misleading and Where 1ms MPRT is Sometimes Abused

要は”画面の更新回数が多い高リフレッシュレートモニターは更新回数が多い分表示時間が短くなることで結果的に残像が減る”ということなのかと🤔

わん吉

360Hzで黒挿入が使えないのは必要性が低いからなのかもしれないね

格ゲーが60fps上限なのに高リフレッシュレートモニターの方が良いとされているのもこの辺が要因だと思います

結論:応答速度は重視しなくて良い

応答速度はリフレッシュレートやモニターのサイズほど重要ではないということがわかりました💡

にゃん吉

重要度的にはこんな感じのイメージ

STEP
リフレッシュレート

FPSゲーマーはもちろん、残像を気にする人はまず高リフレッシュレートモニターを選ぶべし

STEP
サイズ

モニターの使用環境や使用用途によって適切なサイズを選ぶべし

STEP
解像度

予算や使用用途によって選ぶべし

STEP
応答速度

リフレッシュレートを選んでから応答速度を参考に選ぶべし

360Hzモニターは理論上残像の心配はほぼない

現状販売されている360Hzモニターは黒挿入使えないみたいですが、リフレッシュレートが高いほど残像は減るので黒挿入は気にしなくて大丈夫

240Hz以下は黒挿入に注目

240Hzあたりのモニターでは黒挿入がMPRTで言うところのモーションブラー(残像)を減らすのに重要な役割となってますので要確認です

黒挿入はわずかに遅延が発生するなどの欠点もあるので、”絶対必要”とか”神”とかみたいな意見には疑問を覚えますが、あって損するわけではないのでできれば搭載されているものをオススメします👍

ちなみに黒挿入はBenQ ZOWIEシリーズのDyAcが一番おすすめ

詳しい性能などはこちらで紹介してますので興味がある方はどうぞ(・ω・)ノシ

あと360Hzモニターは遅延も少ないし、ティアリングも減るので副産物的な効果が高くておすすめ

詳しくはこちらで取り上げてますのでよければチェックしてみてください٩( 'ω' )و

といったところで今回は応答速度についてでした

国内の情報だけでは追いきれない部分だったので海外のサイトも調べましたが、モニターの性能は調べれば調べるほど奥が深く難しい😇

今後も新しい情報や知識が増えたらまた更新していきたいと思いますので、よかったらまた見ていってください٩( 'ω' )و

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

ポチって移動する目次
閉じる