\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

【ASUS TUF VG249Q1A】144Hz・PS5/PS4対応のシンプルゲーミングモニター

👆クリックしてみてみる👆

2021年7月ごろASUSから発売されたVG249Q1A

このモニター最近気づいたんですがなかなか良い

  • PS5/PS4に対応
  • Xbox series X|SにもOK
  • セールで25,000円台の良コスパ

FHDの144Hzモニターは各メーカーからたくさん出ているけど、ASUS TUFはシンプルながら硬派なデザインでかっこいい😳

性能的にも最大165Hz・1msと高速かつ低遅延

144Hz帯でFHDはPS5やXbox series X|S用に需要もあるし、PCユーザーにも遊ぶゲームによってはまだ余裕で現役です💪

とはいえ最近流行りの4K×144HzFHDでも240Hzなどの高スペックなものと比べてどうなの?と思う方も多いのではないでしょうか(。-`ω-)ンー

ということで、今回はASUS TUF VG27AQL1Aについて詳しい性能やどんな人におすすめなのか解説していきたいと思います( ー`дー´)キリッ

ポチって移動する目次

ASUS TUF VG249Q1Aの評価

項目おすすめ度スコア
リフレッシュレート3+0.5
画面サイズ3
応答速度2
黒挿入0.5
総評8.5+0.5/10
e-Sports/競技向けモニターの評価指標

VG249Q1Aはミドルクラスとしてはかなり優秀なゲーミングモニターです

  1. リフレッシュレートは最大165Hz
  2. 応答速度はOD80までは許容できる範囲のオーバーシュート(逆残像)で40~60ぐらいでも十分な残像感
  3. 黒挿入は逆残像が気になるものの輝度が高めで実用的

プレイするゲームやハードの性能によっては240Hzもいらない人もいると思うので、例えばPS5やXbox series X|Sなどには最適な性能だと言えます

わん吉

ぶっちゃけAPEXは144fpsにして遊んでるから個人的には全然アリ

ASUS TUF VG249Q1Aのスペック

ASUS TUF VG249Q1A画像

VG27AQL1Aの特徴をめちゃくちゃざっくりまとめると

  • 最大165Hzのリフレッシュレート
  • 意外と広めな色域
  • 無駄を省いたシンプルな設計

個人的に気になったのは「ASUS DisplayWidget Lite」という機能

ASUS DisplayWidget Liteを使うことで超簡単にモニターの画面設定を変更することができます

それではその「ASUS DisplayWidget Lite」を含め、もうちょっと詳しくホリホリしていきましょう🐇🐇

硬派な漢のゲーミング”TUF”

ASUS TUFはゲーミングブランドにありがちなイルミネーションはありません

モニターの性能とは関係ない部分を排除し機能面だけを追求した、シンプルなデザインでコスパに優れたゲーミングモニター、それがASUS TUFなのです💪😤

VG249Q1Aは高さ調節などの機能も省いているため特にコスパが良いモデルとなっています

VG249Q1Aのメリット

メリット

どんなモニターにもメリット・デメリットはありますが、VG249Q1Aにはどんなメリットがあるのかまとめていきます

  1. お手頃価格
  2. 性能もしっかり高い
  3. ASUS DisplayWidget Liteがすごい

価格に関しては先ほども触れてますが、実際他と比べてどうなのかもみていきたいと思います🕵️‍♀️

①価格が安い

スクロールできます
メーカー商品名パネルリフレッシュレート価格
Acer SigmaLineKG241QSbmiipxTN165Hz28,498円
Acer NITROVG240YSbmiipfxIPS165Hz29,492円
ASUSVG258QR-JTN165Hz30,101円
ASUS TUFVG249Q1A-JIPS165Hz28,768円
BenQ ZOWIEXL2411KTN144Hz27,091円
BenQ MOBIUZEX2510SIPS165Hz34,162円
DellS2721HGFVA(湾曲)144Hz39,800円
DellS2421HGFTN144Hz29,800円
I-O DATA GigaCrysta‎EX-LDGC243HDBADS(IPS)165Hz29,800円
LG UltraGear24GN600-BIPS144Hz26,089円
スペック毎の相場

ちなみにVG249Q1A-JはVG249Q1Aのアマゾン限定版(性能は同じ)です

代表的なFHD×144Hzモニターを表にまとめてみました

こちらを見ていただくとわかるように「VG249Q1A」は144Hz帯のなかでもかなり安い方💡

最も安いのはBenQ ZOWIE XL2411Kですが、XL2411KはTNパネルかつ144Hzなのに対してVG249Q1AはIPSパネルで最大165Hz対応なんですね

約2,000円の価格差はスペック差ということでうなづけます( ˘ω˘ )

②性能も申し分なし

  • 最大165Hzのリフレッシュレート
  • MPRT 1ms/GtG 4msの応答速度
  • sRGBよりも広いNTSC 72%カバー
  • 最小3.5msの低遅延

これだけの性能を持ちながら3万円を切るのはコスパがヤバイ😳

元は32,000円だったのがセールを重ねて29,000円に価格改定されてコスパが上がりました

入力遅延について

入力遅延は最小3.5ms、60Hzでは8.5msとなっています

入力遅延とは一般的にラグといわれるものの一種で、ボタンを押してからモニターが表示するまでの時間のことです💡

スクロールできます
製品パネル最大リフレッシュレート最大 G-Sync/FreeSync60Hz60Hz G-Sync/FreeSync黒挿入
ASUS TUF VG249Q1AIPS3.5ms3.8ms8.5ms9.7ms6.2ms
BenQ ZOWIE XL2411KTN4.4ms非搭載9.4ms非搭載7.8ms
BenQ EX2780QIPS4.1ms4.1ms9.0ms8.8ms非搭載
DELL S2421HGF VA4.1ms4.9ms8.9ms9.9ms8.9ms
引用:RTINGS

海外レビューサイト(RTINGS)の144Hzモニターレビューから一部抜粋

他も十分低遅延だけどこの中でも最速となっていて、まれによくある60Hzのとき遅延が増えるモニターと違ってまともです

厳密にはXL3411KのデータはXL2411Pのものですが、BenQ公式が同じパネルだと言ってるので遅延も同じという判断です(以下ソース)

BenQ ZOWIEはYoutuberなど多くのインフルエンサーが”良いぞ”と紹介してるのでZOWIE=最強というような風潮があると思います🤔

XL2411Pは2017年発売のモニター

それと同じパネルを使ってるということは結構古いパネルを使ってるということなので、DyAc目的なら最高だけどそのほかの面では言うほど最強ではありません

うp主

とはいえ240HzのXL2456KはDyAc+が強力すぎるのでまだまだトップに君臨し続けそう

③ASUS DisplayWidget Liteが便利

引用:ASUS公式

ASUS DisplayWidget Liteとはモニターの画面設定を行うソフトウェアのことです

このソフトを使えばマウス操作で直感的に操作することができるので設定がとっても楽

にゃん吉

DBDでは暗いところを明るくしたいけど、フォートナイトはデフォルトで遊びたい

例えばそんな時ASUS DisplayWidget Liteがあるとめちゃくちゃ便利になります💡

他のメーカーだとリモコン付きのものとかあったりするけど、PCソフトで操作できるってのも使い勝手が良いのでおすすめ

注意点としてはまだWindows11には対応してないみたいなので気を付けましょう!

VG249Q1Aのデメリット

デメリット

デメリットをまとめるとこんな感じ

  1. スタンドの調節機能が少ない
  2. 色の精度が悪い
  3. 黒挿入がELMB SYNCじゃない

箇条書きだけだとわかりにくいのでもうちょっと詳しくみていきましょう🕵️‍♀️

①スタンド調節機能は角度のみ

  • 角度
  • 高さ
  • 左右の首振り
  • 回転

ゲーミングモニターは基本的にスタンドの調節機能が備わっています

しかし、残念ながらVG249Q1Aには上下の角度しか調節しかできません(。-`ω-)ンー

にゃん吉

スタンド調節はモニターの設置場所や、人によって体格が違うので調節機能は地味に大事

対処法としてはモニターアームを使うこと

すでにモニターアームを持ってるなら良いんですが、大体1万円前後かかるので調節が必要な人はBenQ MOBIUZとか別のモニターの方が良いかもしれません

BenQ MOBIUZ EX2510Sについて詳しくはこちらをどうぞ!

②色の精度が悪い

VG249Q1Aの色性能は悪くはないんですが、黄色と緑の精度がかなり悪いです

これは海外サイトだけではなくアマゾンレビューでも指摘されていて、黄色が蛍光色のようにクセのある映像になるということなので、イラストを描くなど作業にはあまり向きません🙄

わん吉

ゲーム用としては多少気にはなっても支障ないので大丈夫

③黒挿入はただのELMB

ASUSの黒挿入はELMB SYNCと言って、G-Sync/FreeSyncとの併用が可能なモデルがあります

通常G-Sync/FreeSyncと黒挿入は同時に使えません

残念なことにVG249Q1AはELMB SYNCではなく通常のELMBとなっています

ただ、G-Sync/FreeSyncはFPSに使うことはほぼないし、ASUSの黒挿入は比較的明るさが損なわれないので大きなデメリットではありません

ちなみに黒挿入について詳しくはこちらの方で解説してます٩( 'ω' )و

総評: 高機能かつシンプルなデザインのコスパモンスター

  • 最大165Hzの高リフレッシュレート
  • 応答速度MPRT1msの低残像
  • 色域も広く鮮やかな映像

ピカピカ光ったりせず、ゴテゴテとしたデザインでもないシンプルな見た目でカッコイイ💪

PS5やXbox seris X|Sでの120fps出力をサポートと公式にも記載されているため、次世代コンソールにも安心して使うことができる最適な一台となっています

スタンドの調整や形状が残念なところですが、スタンドの形状は丸いタイプもあるのでそちらもチェックしてみてください💡

FHD×144Hzのスペックは今さら感があるかもしれません

しかし、ガチ中のガチでもなければ240Hzも必要ないですし、4Kなどの高解像度はモニターの価格的にもPCやゲーム機の負荷的にもコスパが悪いのでまだまだ現役です🤗

そんなFHD×144Hzの中でもVG249Q1Aはおすすめなのでぜひ使ってみてはいかがでしょうか٩( 'ω' )و

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お気軽にコメントください(´°v°)/ンピッ

コメント一覧 (5件)

あぼか へ返信する コメントをキャンセル

CAPTCHA

ポチって移動する目次