\ アマゾンタイムセール!最大10%ポイントアップ /

大人気EX2510の後継機!BenQ MOBIUZ EX2510S

BenQから新しく「EX2510S/EX2710S」が発売されました

このモニターは最大165HzのFHD

前期モデルの「EX2510/EX2710」では144Hzでしたが、オーバークロックで165Hzまで出せるようになったいわゆるマイナーチェンジモデルです

MOBIUZ EX2510S
  1. FHDの24インチ(27)
  2. 144Hz(最大165Hz)
  3. 応答速度1msMPRT(2msGtG)
SPEC

このモニターの特徴は高音質のスピーカー

BenQのMOBIUZシリーズは「幅広いゲーマーに極上の体験」がコンセプトのブランドで、ゲームはもちろん動画などエンタメ全般におすすめな一品です

にゃん吉

BenQはレベルの高い合格点を超えるゲーミングモニターをオールウェイズ出してくれるよ

そんなMOBIUZブランド初となる前期モデルEX2510

PS5などの次世代機需要と重なったからなのか、発売後すぐから品薄状態が続いていました(。-`ω-)ンー

そんな品薄状況の中発売となった「EX2510S/EX2710S」

一体どんな違いがあって、どんな人におすすめなのか

今回は「EX2510S」を中心に詳しいスペックなどを見ていきたいと思います( ー`дー´)キリッ

ポチって移動する目次

EX2510Sの評価

項目おすすめ度スコア
解像度0+1
リフレッシュレート2+0.5
応答速度1(-0.5)
パネルの種類1
HDR0
総評4+1/10
価格約38,000円
RPG/アクション/万能型ゲーミングモニターの評価指標

FHD×144Hzの決定版

EX2510SはIPSらしく発色がよく残像感はそこそこ

なにより高音質のスピーカーが特徴で、PS5やXbox series X|Sに使うのにちょうど良いゲーミングモニターです

FHDモニターにしては価格は高め

欠点は約38,000円という価格帯

これはFHD×144Hzのスペックでは最も高く、WQHD×144Hzの安いものが買えるぐらいの価格です

そのままでも価格に見合った性能ではありますが、スピーカーに魅力を感じない人はもっと安くで購入できるスペックなので要検討

わん吉

セールで32,000円以下になることがあるのでセールを狙いたい

\アマゾンタイムセール!最大10%ポイントアップ/
Amazon

EX2510Sのスペック

引用:アマゾン

EX2510Sは同じくBenQから発売されているEX2510の後継機です

前期型との違いは価格とリフレッシュレート

リフレッシュレートとはモニターが表示できるコマ数のこと

リフレッシュレートとかフレームレートの違いについてはこちらの記事をご覧ください٩( 'ω' )و

EX2510が144Hzで約3万円だったのに対して、EX2510Sは165Hzで約36000円ほどとなっています

6000円の差は一体何が違うのか、それと別モデルのEX2710Sとの違いはなんなのかも気になるところ(。-`ω-)ンー

ということで

  • EX2510Sのメリット・デメリット
  • 旧モデルのEX2510と比べてどうなのか?
  • EX2710Sとの違い

などについてもう少し詳しく見ていきましょう( ー`дー´)キリッ

EX2510Sのメリット

メリット

EX2510Sの最も大きい特徴は高音質なスピーカーです

treVoloという2.5Wスピーカーが搭載されていて、このスピーカーは2000~3000円ぐらいのスピーカーと同程度の性能となっていて一般的なモニター内蔵スピーカーよりも高音質

ゲーミングモニターの内蔵スピーカーはガチで音質悪いのでない方が良いまであるんですが、treVolo搭載なので十分満足できる音質

なんだ2000~3000円なら別で買えばいいじゃん🙄

って思う人もいるかもしれませんが、外付けスピーカーはデスクの置き場所に結構困るので省スペース効果もベリーグッド🤗

モニモニ

逆に言うとスピーカーに魅力を感じないなら他のモニターでもいいと思うよ

EX2510Sのデメリット

デメリット

EX2510Sのデメリット...は特にないんですよねぇ(。-`ω-)ンー

もっと上の240Hzとか4Kなどと比べればそりゃあ劣ると言えますが、FHD144Hzというカテゴリの中ではかなり優れたモニターだと言えます

しいて言うなら

  • 応答速度はライバルと比べて少し遅め
  • 同スペックの中では価格が高め

とはいえMPRTで1ms、GtGで2msなので十分高速となっています

MPRTは実際の見た目に近い測定方法で、GtGはグレーから他のグレーに変わるまでの速度を計測したもの

残像が気になる方はDyAcではないけど一応「ブレ低減」という黒挿入機能が搭載されているようなので、そちらを使うことで対応可能です

MOBIUZシリーズは幅広いエンタメ向けのモニターなので、FPSをガチ目にするなら「ZOWIEシリーズ」や「IO-DATAのGiga Crysta」などを検討されるといいかもしれません

モニモニ

いろんなゲームを楽しみたいエンジョイ勢向けのモニターだよ

ZOWIEシリーズの144Hz「XL2411K」についてはこちら!

EX2510とEX2510Sは何が違うの?

比較
EX2510
EX2510S
  • 24.5インチ
  • FHD/144Hz
  • IPSパネル
  • 1msMPRT・2msGtG
  • sRGB99%/1677万色
  • \36,182(Amazon)
  • 24.5インチ
  • FHD/165Hz
  • IPSパネル
  • 1msMPRT・2msGtG
  • sRGB99%/1677万色
  • \29,520(Amazon)

細かいところは端折ってますが、ほぼ同じスペックのままリフレッシュレートだけアップグレードした形となってます

気になる点は21Hzのアップグレードに6000円の価値はあるのかというところ

一説によるとリフレッシュレート(フレームレート)は倍々で実感できる差が感じられるようになると言われていて、「30~60/60~120/120~240」と上がってやっと効果を感じるとか🤔

うp主

実際144と170の差もわからなかったので、ここに6000円かけるのはコスパ悪いなと思ったのが正直な感想

ですが、これは「EX2510」と「EX2510S」を比べての話です

FHD144Hzモニターの中では「間違いないランキングベスト3」には入る性能だと思いますし、36000円という価格はコスパが悪いというほどではありません

これ一台買っとけばPCにもゲーム機にも使えてスピーカーを買う必要もないのでかなりおすすめなモニターだと思います👌

モニモニ

旧モデルとそこまで差がないので在庫を確認しておくといいよ(ちなみにツクモが安いよ)

\アマゾンタイムセール!最大10%ポイントアップ/
Amazon

EX2510Sははじめてのゲーミングモニターにぴったり

EX2510Sはどんな人におすすめかって言うと、

おすすめな人
  1. PS5/Xbox series X/S用に
  2. はじめてのゲーミングモニター
  3. 色んなジャンルのゲームを遊ぶ人
FPSだけじゃない

こういった方におすすめしたいモニターとなっています

もしかしたらモニターを買い替えようと検討している方もいると思いますが、これまで60Hzの一般向けモニターを使ってた方やTNパネルからの買い替えなどにもおすすめです👍

モニモニ

ライト~ミドル層あたりに最適なモニターだよ

一方でEX2510Sがおすすめではない人もいます

おすすめじゃない人
  1. FPSをガチでプレイしたい人
  2. スペック高めなPCユーザー
  3. イラストなど創作に使う人
ここに注意

FPSガチでやるならTNパネルではあるけど同じBenQのZOWIEシリーズや、スペックに余裕があるなら240Hz以上の高リフレッシュレートモニターがおすすめです

RTXクラスのグラボならWQHDや4Kのモニターも選択肢に入ります

イラストやデザインなどのクリエイター系作業には色域が物足りないのと、BenQのゲーミングモニターは色精度があんまり良くないので注意が必要です

色精度はゲームするだけなら関係ないのであくまでイラストなど色の正確さが求められる作業には注意といった感じ

旧モデルのEX2510が品薄で売り切れがちだった状況に新モデルEX2510Sが加わったことでさらにMOBIUZシリーズを購入しやすくなりました

さらに8月にはWQHD/144HzのEX2710Qも発売されます

PS5だとWQHD解像度に対応してない(一応4Kダウンスケーリングはできる)ですが、Xbox series X/SはWQHDにも対応していて、WQHDなら144Hzとの両立も現実的になってくるので箱ユーザーの方はEX2710Qの方も要チェック!🕵️‍♀️

EX2710Qの方もまた後日紹介していきたいと思うのでよければまた覗いていってください(*´ω`)ノシ

\アマゾンタイムセール!最大10%ポイントアップ/
Amazon
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お気軽にコメントください(´°v°)/ンピッ

コメントする

CAPTCHA

ポチって移動する目次