MENU
あぼか
うp主
PC関連1年生
自分が欲しいもの・気になるものを徹底的に調べて得た知識をライト~ミドル層向けに発信してます!
質問コメントなどお気軽に( ´灬` )フォッフォッフォッ
PCガジェット系ブログ→アボログ
ゲーム系ブログ→アボログGAMES
目次

PS5に最適!FPS特化のゲーミングモニター BenQ ZOWIE XL2411K

FPSに最強な144Hzモニターってなに

ゲーム性能がよくて価格もそこそこ安いのどれ

144HzのモニターでFPS向けのものと言えばこれ

  1. 画面が無理なく視野に収まる24インチ
  2. オーバードライブ時最大1msの応答速度
  3. DyAc機能で低残像
  4. 低遅延で対戦ゲームでかつる!

それがこの「BenQ ZOWIE XL2411K」です😎

FPS以外のゲームもよく遊ぶ人には画質が物足りないところではありますが、「Black eQualizer」「Color Vibrance」で視認性を高め、ゲームをより有利にするために最適化された特化型のモニターです

うp主

PS5などの次世代機でFPSをガチるならベストな性能となっています

今回はそんな「BenQ ZOWIE XL2411K」を紹介しちゃいたいと思います( ー`дー´)キリッ

ちなみにPCユーザーで高性能PCをお持ちの方は上位モデルの「XL2546K」もおすすめです

ポチって移動する目次

XL2411Kのスペック

アマゾン販売ページより引用
スクロールできます
サイズ24 インチ
解像度FHD(1920 x 1080)
パネルTN
リフレッシュレート144Hz
応答速度1ms(GtG)
最大輝度320cd/㎡(HDR時400cd/㎡以上)
コントラスト比1,000:1
最大表示色none
色域sRGB 95%程度
その他機能フリッカーフリー・ブルーライトカット
DyAcXL Setting to Share
エルゴノミクス・VESAマウント100×100
付属品電源ケーブル / DPケーブル(約1.8m) / クイックスタートガイド / 保証書

※PS5・Xbox series X/Sで使う場合はHDMIケーブルが必要なのでご確認を!

  • 基本スペックは24インチのFHD
  • リフレッシュレートが144Hz
  • 応答速度は1ms

BenQ ZOWIEと言えば何といってもDyAc

黒挿入は画面全体が暗くなってしまうのが難点なのですが、DyAcは他と比べて輝度をあまり落とさずに使えるため実用性が高くFPSやるなら注目の機能となっています

モニモニ

明るさを犠牲にせず残像を低減するDyAcはBenQZOWIEシリーズの専売特許だよ

うp主

FPSプレイヤーで残像感をどうにかしたい人はXL2411Kおすすめです

注意!価格が安い「XL2411P」は別物

XL2411K
XL2411P

見た目も名前も性能もソックリなこのふたつ

こちらの2つはパネル自体は同じ物を使っているので性能に大きな違いはありません

ソースはRedditでのBenQ公式からのリプ

ただし価格が安い「XL2411P」にはDyAc機能はついていません

DyAcが搭載されているのは「XL2411K」の方

XL2411PをモデルチェンジしたものがXL2411K

プロが使っているからとか、安いから、ランキングサイトでおすすめされているなど、いろんな理由で”P”の方を選びそうになりますが、価格以外の理由で選ぶメリットはないので覚えておきましょう💡

XL2411PとXL2411Kの違いについて詳しくはこちらをどうぞ٩( 'ω' )و

FPSは144Hzで十分なのか

144Hzで足りる人足りない人
FPSガチ勢
240Hzの方がガチ
FPSエンジョイ勢
足りる
MMO/RPG
十分
レース系
足りるけど画質が微妙

リフレッシュレートはガチでプレイするなら240Hz以上をおすすめします

極論フレームレートが高いほど未来の姿を見ることができるようなものなので、特にFPSではいかに高フレームレートでプレイするかが重要です

モニモニ

プレイするゲーム、PCの性能によっては200FPSもでない場合もあるので一概に144Hzがダメってわけではないよ

応答速度と入力遅延

応答速度&入力遅延
FPS
MMO/RPG
MOBA/格闘
レース系

応答速度は最大1ms(GtG)と非常に速く遅延もない超高速

DyAcで残像を低減させることもできますし、FPS・TPSでは最高の性能だと言えます

入力遅延応答速度(Avg/Dark Avg)エラー率(オーバー/アンダー)
ネイティブ解像度(144Hz):4.4msオフ:7.2/4.9オフ:0/0
ネイティブ解像度(60Hz):9.4msハイ:2.3/1.6ハイ:12.8/20
黒挿入:7.8msプレミアム:2.1/1.4プレミアム:19.6/30.5
XL2411Pのデータを参照 (RTINGS)

XL2411Kはアンダーシュートが弱点

アンダーシュートというのはオーバーシュート(逆残像)の一種

オーバードライブ(応答速度を高める機能)を強めると、暗い部分の残像が強調される現象がつよめに出ています

オーバードライブオフだと逆残像は出ませんが、全体的な残像感をより少なくさせるにはオーバードライブはハイぐらいにして使いたいところ

TNパネルは応答速度が速いと言われますが、古いパネルを使っているだけあって新しめのIPSと同等以下の速度なのでDyAc以外過剰な期待は禁物

画質を捨てたスピード特化

画面の色合い
ゲーム
fps重視
普段使い
使えなくはない
映画/アニメ
不向き
クリエイティブ
あかん

FPS特化モニターなので画質は悪いです😇

XL2411Kは映像を楽しむためのモニターではなく、相手に勝つための競技向けモニター

普段使いとしてウェブの閲覧とか、YouTubeの動画を観るぐらいならいいと思いますが、映画やアニメなどを視聴するのは結構キツめでイラスト制作などクリエイティブ系には全く向いてません

モニモニ

ネトフリとかイラスト描いたりするなら別のモニターと併用するのをおすすめするよ

視認性アップ!Black eQualizer&Color Vibrance

FPSでは視認性の高さがとても重要

フレームレートも残像を低減することも視認性を高める点では同じ

画質はあまり重要ではないですが、彩度を上げてメリハリをつけた色や暗いところを明るくする効果も視認性を高めるのに役立ちます

モニモニ

そこであったら便利なのが「Black eQualizer」と「Color Vibrance」だよ

Black eQualizer

暗所の明るさ調整機能

暗いところを明るくすることで、影になっているところや建物のなかで見えづらい敵を見つけやすくなります

Color Vibrance

彩度を調整する機能

彩度とは色の鮮やかさのことです

強調することで人と建物、自然物などの見分けがつきやすくなり、茂みに隠れた敵に気付きやすくなります

モニモニ

どちらもゲームを有利にする良機能なので対戦ゲームにうってつけだよ

XL Setting to Shareで設定をDL

XL Setting to Shareは画面設定を外部ファイルとして扱うことができるソフト

公式が配布しているAPEXやVALORANT用の設定、プロゲーマーや配信者の設定をダウンロードすれば、自分のモニターを簡単にプロの設定にすることができる便利機能です

モニモニ

画面設定は3つまでしか本体に保存できないので、XL Setting to Shareでファイル化しておけば簡単に読み込めて便利だよ

高さ・角度・傾き調節

エルゴノミクス
  1. 高さ調節:155㎜
  2. 左右の首振り:+45°~-45°
  3. 前後角度:+23°~-5°
  4. 回転:90°(右回転のみ)
調節機能

高さ・前後左右の角度・回転どれも調節可能で使い勝手がいいです

左右の首振りは結構角度がつけられキーボードやマウスパッドの配置も自由自在

人によって使いやすい配置は違うので、好きな使い方を模索しよう!

モニモニ

VESAマウント対応なのでモニターアームに設置することもできるよ

総評

にゃん吉

XL2411Kって結局どうなの?

繰り返しにはなりますが、FPSに特化の尖ったゲーミングモニターです

画質は二の次三の次でモニターの残像感や遅延など、対戦ゲームにおいて致命的となり得る問題を限りなくクリアにした性能となっています

モニモニ

PS5などの次世代機にも使えるのでどちらかと言うとPCよりPS5ユーザー向けだよ

FPS
ライト
ガチ
MOBA/格闘
ライト
ガチ
MMO/RPG
ライト
ガチ
映画/アニメ
ライト
ガチ
クリエイティブ
ライト
ガチ

FPSなどの対戦ゲーム以外には画質が悪くて向いていませんが、その代わり対戦ゲームには抜群の性能を持ったモニターなので勝負にこだわりたい人向けのモニターです

これで勝つる( ー`дー´)キリッ

といったところで、今回はXL2411Kの紹介でした

FPSをよくプレイするならぜひ使ってみてください(・ω・)ノシ

※PS5・Xbox series X/Sで使う場合はHDMIケーブルが必要なのでご確認を!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

ポチって移動する目次
閉じる