\ アマゾンタイムセール!最大10%ポイントアップ /

【ASUS TUF VG279QM】低遅延・低残像・高性能な黒挿入

ASUS TUF VG279QM...

2020年4月ごろ発売され、当時は「世界最速280Hzゲーミングモニター」としてFPSゲーマー大注目のメガトン級モニターでした

しかし今ではもう360Hzどころか390Hzまで出ている始末...(。-`ω-)ンー

にゃん吉

280Hzってどうなん?

そう思いつつも調べてみた方もいるかもしれません

が、実はこのモニター。あのBenQ ZOWIE XL2456Kをも上回る低遅延・低残像の音速のソニックなのです!!

ということで、今回は「ASUS TUF VG279QM」について、FPSゲーマーに大人気の「XL2456K」と比較しつつみていきたいと思います( ー`дー´)キリッ

ポチって移動する目次

ASUS TUF VG279QMの評価

項目おすすめ度スコア
リフレッシュレート4+0.5
画面サイズ2
応答速度2
黒挿入1+0.5
総評9+1/10
e-Sports/競技向けモニターの評価指標

VG279QMの評価は加点要素含め最高クラス

最大280Hzのリフレッシュレートで、残像感が少なく明るさを損なわない黒挿入を備える非常に優秀なゲーミングモニターです

ただサイズが27インチなのは少し惜しいところ🤔

24インチとそこまで大きな差はなく、距離を10㎝程度離せば普通に使えるサイズ感なので、使用環境によってはなんの問題もありません

にゃん吉

それ以上にパネルの性能が高いのでプラマイゼロ

VG279QMはどんな人におすすめ?

このモニターが優れているのは「遅延・応答速度・黒挿入」です

リアルに速い応答速度

応答速度はメーカー公表値ではなく、実際に使うときのリアルな数値でみても非常に速くて残像が少ないめちゃくちゃ優秀なパネル

DyAc+に匹敵する高性能な黒挿入

FPSなど競技向けゲーミングモニターと言えばBenQのZOWIEシリーズが有名

特にDyAcという黒挿入機能が抜きんでていることで有名ですが、VG279QMの黒挿入はZOWIEシリーズのトップXL2456KのDyAc+に匹敵する性能です

超低遅延だけどクセがある

VG279QMは1.7msという超低遅延

しかし60Hzで使用するときには35msとテレビ並みの遅さになるクセのある仕様

うp主

ただこの問題はゲーム機で使うとか、意図的に60Hzに設定しなければ影響ないのでご安心ください

VG279QMに合うのはどんなジャンル?

ゲーム
FPS/TPS
ガチ
RPG/MMO
グラフィック重視ならもっと解像度がほしい
レース/アクション
操作が安定するけど爽快感は減る
シミュレーション
スペック過剰
格ゲー/音ゲー
60Hz時の遅延が気になるところ

遅延の少なさと高リフレッシュレートを活かせる対戦ゲームに特におすすめ

FPSは言うまでもなく、60Hz時の遅延はあるけど意図的に60Hzにするなどしなければ格ゲーや音ゲーにもかなり有用な一台です

レースやアクションにも良いですが、フレームレートが上がるとゆっくり見え爽快感が薄れる場合があります

モニモニ

ソロゲーよりオンライン対戦をメインで遊ぶ人におすすめだよ

用途適正
ゲーム
フレームレート重視
普段使い
普通に使える
映画/動画視聴
使えるけど最適ではない
作業系
悪くはない
イラスト/制作系
色は正確だけどクリエイター向けではない

完全にゲーム特化のモニターです

ただ色精度が高く正確な色を表示でき、色域自体もそこそこ広いので普段使いや作業などにも割と使っていける性能です

モニモニ

高リフレッシュレートモニターなのに幅広い使い方ができるよ

FPS特化といってもIPSパネルなので発色はそれなりです

なにもRPGとか映画には使えないってわけではなく、4Kとか他のゲーミングモニターに比べたら最適ではないだけなので決して悪くはありません

そのあたりを踏まえつつ、次に詳細なスペックをみていきましょう٩( 'ω' )و

VG279QMのスペック

公式には記載のなかった一部はRTINGSから引用してます

ASUS TUFシリーズはクセの強い色味に調整されていることが多いんですが、色精度が高くAdobeRGB 75%近いカバー率でFPS向けモニターにしては色性能も高い

わん吉

FHDなのでクリエイター作業向けとは言えないけど案外悪くない!

それでは次にメリットデメリットなどの特徴をみていきましょう٩( 'ω' )و

VG279QMの特徴

ここからはメリット・デメリットと、このモニターの特徴を簡単にまとめていきます💪

メリット
デメリット
  • 低遅延・低残像
  • 高性能な黒挿入
  • コスパ良(45,000円程度)
  • FHD27インチ
  • 60Hz時に高遅延

240Hzと360Hzの間にハマる

280Hzというスペックは一見中途半端に思えるかもしれません

ですが360Hzじゃオーバースペックだけど240Hzだと余裕がある、そんな時に280Hzを使うことで性能を余すことなく使い切れるのがポイントです

とはいえ上限張り付きが重要なので280Hzだからといってうかつに手を出すと逆に見づらくなる場合も

XL2456Kよりも優れた応答速度

応答速度はメーカー公表スペックは1ms

実際に使うときの設定オーバードライブ80だと応答速度は2.5msエラー率が3.9%

この数値というのはみんな大好きBenQ ZOWIE XL2456Kに匹敵するどころかぶっちゃけ超えてる数値となります

ASUS TUF VG279QBenQ ZOWIE XL2456K
オフ:4.7/5.1 エラー率:0/0オフ:4.6/3.5 エラー率:0/0
20:3.1/3.0 エラー率:0.2/0ハイ:1.7/1.1 エラー率:14.7/21.8
40:2.9/2.8 エラー率:0.4/0.1プレミアム:1.7/1.1 エラー率:16.7/24
60:2.9/3.0 エラー率:0.6/0
80:2.5/2.6 エラー率:3.9/3.2
100:1.9/1.9 エラー率:25.8/42.3
引用RTINGS

ちなみに赤字にしてあるのはRTINGSが推奨するベストなオーバードライブ設定

  • VG279QMは80がベストな設定で、速度は平均2.5ms・エラー率(逆残像)は3.9%
  • BenQ ZOWIE XL2456Kはオフがベストな設定で、速度は平均4.6ms・エラー率は0%

XL2456Kもハイにすれば高速になるけど逆残像もそれなりに発生してしまいます

数値的に20%程度ならあまり気になるほどではないと思いますが、さすがに最新のIPSは高速です( ˘ω˘ )

入力遅延もZOWIE越え

ASUS TUF VG279QBenQ ZOWIE XL2456K
ネイティブ解像度:1.7msネイティブ解像度 :2.3ms
ネイティブ解像度(60Hz):35.1msネイティブ解像度(60Hz) :12.4ms
可変リフレッシュレート:1.8ms~40.4ms可変リフレッシュレート :2.5ms~13.2ms
HDR:4.9ms
黒挿入:1.7ms黒挿入:4.7ms
引用RTINGS

ネイティブ解像度(FHD)・最大リフレッシュレートでの入力遅延わずかにVG279QMが優れます

一方60HzではVG279QMが35.1msと大幅に遅延が増え、XL2456Kの12.4msに比べて3倍近くもラグが出てしまう

60Hzは大体16msが目安なので1フレーム以上ラグを感じることになります

PS4などゲーム機では60Hzになるので問題ですが、PCで使うなら意図的に60Hzにするとかじゃない限りほとんど関係ないのでそこまで気にしなくて大丈夫です

あまりにも優秀すぎる黒挿入

  • G-Sync/FreeSyncと併用できる
  • 黒挿入で遅延が発生しない
  • 画面が暗くならない

黒挿入とG-Sync/FreeSyncと併用

通常黒挿入はG-Sync/FreeSyncと併用できません

しかしVG279QはELMB SYNCという特殊な黒挿入なのでG-Sync/FreeSyncと同時に使用することができます

うp主

あまり併用して使うものではないけど、ユーザーとしては切り替えがめんどいので同時に使えるのはありがたい

黒挿入の弱点を克服

VG279QMは黒挿入使用時にも遅延が非常に少ないです

しかも画面の明るさも保たれていて、黒挿入の弱点となる画面が暗くなるのと遅延のどちらもクリアしちゃってるんですよね

画面のクッキリ感はXL2456Kの方が一枚上手ですが、若干黒い染みみたいなところもあります

一方VG279QMはIPSパネルなので発色が良く視野角も広い

モニモニ

何を重視するかにもよるけど総合的な性能はVG279QMの方が上と言えるレベルだよ

結論:IPSパネルでFPSするならVG279QMで間違いない

  1. 最大280Hzのリフレッシュレート
  2. 現実的な応答速度は2.5ms
  3. 入力遅延は最小1.7ms
  4. 明るく遅延の少ない黒挿入
  5. 価格は4,5000円台(セール時4万)

黒挿入ならBenQ ZOWIE一択みたいな風潮がありましたが、調べてみるとASUSも相当すごいことがわかりました

とはいえXL2456Kもゲーマーからの人気は伊達じゃない素晴らしい性能であることも間違いなく、どちらを選ぶべきか非常に悩ましいところです

もしここまで見てXL2456Kも気になった方はこちらの記事も参考にしてみてください٩( 'ω' )و

VG279QM
XL2456K
  • 視野角や発色の良さ
  • より低遅延
  • G/Free-Syncと併用可
  • クッキリした黒挿入
  • 反射を防ぐシールド付属
  • リモコンで画面設定が楽

最後に個人的な見解を含めてまとめると

どちらもめちゃんこ優れたモニターですが、「FPSとはいえ映像もキレイな方が良いなと思う、FPS以外のゲームやPC作業にも使いたい」そうお考えの方はぜひ「ASUS TUF VG279QM」使ってみてはいかがでしょうか٩( 'ω' )و

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お気軽にコメントください(´°v°)/ンピッ

コメントする

CAPTCHA

ポチって移動する目次