\ アマゾンタイムセール!最大10%ポイントアップ /

【GIGABYTE M28U】コスパ&高画質&低残像&人気のバケモン

4K×144Hzで安くて性能いいやつってどれ

できれば10万円以下のもので

そんなモニターあるわけないじゃん!いいえあるんです😎

その名も「GIGABYTE M28U」!!

GIGABYTE M28U
  1. 4K×144Hz
  2. 応答速度1ms
  3. 約8万円台の高コスパ
GAOOO

このモニターはPCパーツでおなじみのギガバイトが販売するスペッシャルなモニターで、あまりにも人気すぎていつみても大体売り切れてるシロモノ

わん吉

でもどっか欠点があるんでしょう?

欠点はぶっちゃけあります

ただその欠点は人によっては大したものではありません😳

にゃん吉

結論はよ

ということで先に結論から言うと

低コスト高パフォーマンス

メリットは価格が低いのに残像感などの重要な部分がしっかり高性能であること😎

HDRやスタンド性能が微妙

デメリットはHDRとスタンド

これらを重視する人にとっては問題ですが、HDRもスタンドも人によっては不要だと考える人もいますので、デメリットがちゃんと仕事してないのです😭👍

うさ吉

あと一応スピーカーはついてるけど音質に期待してはいけないよ

といった感じで多くの人にとって価格と性能のバランスがちょうどよく、発売から1年ほど経った今も非常に人気の高い製品となっています

\アマゾンタイムセール!最大10%ポイントアップ/
Amazon

今回はそんなGIGABYTE M28Uの、性能とか特徴とかどんな用途に使えるかなどについてみていきたいと思います٩( 'ω' )و

ポチって移動する目次

M28Uの評価

項目おすすめ度スコア
解像度4+0.5
リフレッシュレート2
応答速度1+0.5
パネルの種類1
HDR0.5
総評8.5+1/10
価格約83,200円
RPG/アクション/万能型ゲーミングモニターの評価指標

2021年の発売から不動の人気を誇る本丸

人気の理由はなんといっても手ごろな価格

4K×144Hzの相場は10万円以上がほとんどなのに、M28Uは通常価格で8万円台という高コスパが魅力的🤗✨

モニモニ

4K×144Hz買うならまずこれを探すレベル

安くて速い4K×144Hzの超本命

M28Uは価格も魅力だけど性能もつよい

安いのはいろいろ欠点が目立つものが多いですが、M28Uは応答速度が速く、残像の少なさは4K×144Hzの中でもトップクラスの性能です💪

もん吉

ゲーマー必見の一品よ

HDRは微妙

ただHDR性能は普通ぐらい

ゲームには十分だけど、映画などのHDRコンテンツを楽しみたい人にはイマイチかも🙄

もん吉

別に悪くはないけどHDR目的だと物足りない

\アマゾンタイムセール!最大10%ポイントアップ/
Amazon

M28Uの性能

性能的には4K×144Hzとして十分な内容

オーバードライブは5段階あります

  1. オフ
  2. Smart OD
  3. Picture Quality
  4. Balance
  5. Speed

スピードに設定すると応答速度1msになるけど逆残像も増えます

バランスは2ms~3msの間ぐらいですが、逆残像が少ないのでむしろこれが真の低残像モードといっても言いぐらい

もん吉

MAX速度は同じだけど中段階は大体3~5msぐらいだからM28Uの方が速い

M28Uはスタンド性能とHDR性能が低め

  • スタンド調節は高さと上下角度のみ
  • 最大表示色が1677万色(8 bits)
  • HDR400

これらの要素が他社製品に比べて一段低くなっていて、HDR目当ての人やイラストを描いたりソシャゲなど縦画面にして遊びたい人には残念なところ

もん吉

スタンド調節はモニターアームで対処できる

それでは次に、もうちょい詳しく特徴についてみていきます٩( 'ω' )و

M28Uの特徴

M28Uの特徴をまとめると

  1. コストパフォーマンスが高い
  2. 応答速度が速く残像が少ない
  3. 28インチと32インチの種類ある
  4. 超解像度やKVMなども搭載

一番はコストパフォーマンスの高さが魅力

そしてカタログスペックではわかりづらい応答速度や残像感が優れていて、超解像度やKVMなど便利機能も豊富に備えているのもポイントです💡

もん吉

そんなうまい話あるわけないしヤバい欠点があるんじゃないの?

ということで、ここからはメリットデメリットについて解説します٩( 'ω' )و

メリット

  • 4K×144Hzなのに8万円台の安さ
  • 安いのに満足な性能と機能
  • 28インチと32インチの2サイズ

①圧倒的なコスパ

4K×144Hzは現状最高スペックのひとつなので価格もかなり高額ですが、M28Uはその中でもトップクラスの低価格😳

メーカー型番価格
AcerXV282K KV109,800円(ツクモ)
Acer PretatorXB323QK138,000円(ヨドバシ)
ASUS TUFVG28UQL1A81,136円(Amazon)
ASUS ROGPG32UQ132,546(Amazon)
BenQ MOBIUZEX3210U140,192(Amazon)
GIGABYTEFV43U178.200円(Amazon)
GIGABYTEM28U85,650円(ヨドバシ)
JAPANNEXTJN-315IPS144UHDR109,900円(Amazon)
LG27GP950-B108,207円(ツクモ)
MSIMPG321UR-QD159,800円(Amazon)
ViewsonicVX2882-4KP89,800円(ツクモ)
4K×144Hzの相場

価格はセールなど時期によって変動します

M28Uは常に品薄でセールになったことはないと思いますが、通常価格ですら8万円台という圧倒的コスパが大きな利点

もん吉

ギガバイトはM28U以外にもテレビ並みの大画面とか有機ELとかもある

②安くて品質もヨシ

実はモニターは高ければいいわけではありません

その例としてM28Uとその倍ぐらいの販売価格のMPG321UR-QDを比較してみると驚くべき結果が見えます🕵️‍♀️

オーバードライブ平均速度最高速度エラー率
オフ4.42ms2.47ms7.6%
ピクチャークオリティ4.14ms2.42ms8.4%
バランス4.00ms2.43ms9.2%
スピード3.01ms2.22ms23%
M28U
オーバードライブ平均速度最高速度エラー率
通常(オフ)13.75ms2.13ms1.4%
速い10.38ms3.16ms3.2%
最も速い6.57ms2.51ms7.1%
MPG321UR-QD

こちらは「Hardware Unboxed」という海外のレビュワーによる応答速度を計測したデータです

M28Uは平均速度は2~3ms、最高速は2.5~2.2ms

MPG321UR-QDは最高速は同程度なものの、平均速度は倍以上の遅さとなっていて、価格は倍でも必ずしもすべての性能が上ではないってことがわかります

もん吉

MPG321UR-QDはエラー率が低くHDR性能が高くてより高画質向け

③28 or 32インチの2サイズ

M28Uはサイズ違いのM32Uもあります🤠

M28UM32U
28インチ31.5インチ
4K×144Hz4K×144Hz
1ms1ms
Amazon Amazon

4Kは大画面でこそ映えるので、RPG系や映画などを観るなら28インチより32インチの方が感動もひとしお

ただ32インチだと画面全体を把握するのが難しくなるので、FPSやアクション重視なら28インチがおすすめです👍

もん吉

あとM32Uは10万円超えるからコスパはふつう

デメリット

  • スタンド性能がイマイチ
  • HDR性能は高くない
  • いつも売り切れで買えない

①スタンド調節が高さと上下角度のみ

M28Uはスタンド性能が微妙🙄

チルト(上下角度)上20°~下5°
スイベル(左右首振り)なし
高さ調整0~130mm
ピボット(回転)なし
M32Uはスイベル可

高さ調整ができるのでまあ及第点ではありますが、左右の首振りがないことによってデスク環境に次第では置けない可能性があります

また、回転ができないため縦画面でソシャゲを遊んだり、イラストを縦画面で書いたりすることができないのも残念

もん吉

その代わり価格が安いのでモニターアームを一緒に買ってもいいかも

\アマゾンタイムセール!最大10%ポイントアップ/
Amazon

②HDR性能を求める人にはおすすめじゃない

M28UはHDR性能は微妙です😨

というのはHDRには下の表のようにグレードが存在します

HDR10
HDR400
HDR600
HDR1000

HDR10というのは「HDRに対応してますよ」という最低限のもので、HDR400以上はVESAっていう映像業界の親玉みたいな団体が定める基準をクリアしたものとなります

モニモニ

つまりHDR400は、HDR入門編みたいな存在ってことだよ

もしHDRを重視するならM28Uよりも、2万円ほど高くはなるけど「LG 27GP950-B」がおすすめです💡

もん吉

まあHDR400でも結構違うから言うほど悪くはないよ

③ずっと品薄でそもそも買えない

一番の問題は買えないってこと😇

M28Uは発売からずっと品薄で、1年ぐらいたった今でも在庫がないことも多いですが、最近はアマゾンなどでも在庫ありの状況が増えてきてます

もん吉

乗るしかないこのビッグウェーブに…!

\アマゾンタイムセール!最大10%ポイントアップ/
Amazon

M28Uはどんな用途に合う?

で、実際どういう使い方にあうの?

ってことでここからは、ゲームのジャンルと普段使いや作業適正についてみていきます٩( 'ω' )و

ゲームのジャンル適正

ゲーム
FPS/TPS
RPG/MMO
レース/アクション
シミュレーション
格ゲー/音ゲー

幅広いジャンルに使える万能モニター

  • RPGやFF14などのMMOを4Kの高画質で
  • FPSやアクションを144Hzの高フレームで

高画質も高フレームもゲームやPCスペック次第では両立することもでき、FPSなどには使いやすいブラックイコライザーや黒挿入など機能面も充実

FPSや格ゲー音ゲーには物足りなさも

結局4K×144Hzというスペックは高画質重視です

FPSで4Kにするメリットは薄く、高リフレッシュレートの方が遅延が少ないため、格ゲーや音ゲーでも240Hz以上を使うのが定説となりつつあります

もん吉

144Hzぐらいが一番効果を感じやすいし、ライト勢は十分満足なレベル

普段使いや作業適正

用途適正
ゲーム
普段使い
映画/動画視聴
作業系
イラスト/制作系

これ一台でゲームも作業もこなせる

  • 映画鑑賞
  • 事務作業
  • 動画編集などの制作系

4Kの真骨頂は上記3つの用途にて発揮されます

ゲームでも画質グッと向上するので非常に有用ですが、効果を感じやすいリアルなグラフィックほどフレームレートが犠牲にし、逆にプレイ感を損なう場合も

もん吉

4Kはアニメチックなグラよりリアル系のグラが合う

映画をHDRで楽しみたい人は過度な期待は禁物

ここまで散々言ってきたようにHDR性能は高くありません

あくまでHDR入門機としての性能なので、HDRにガッツリ期待して楽しみたいとお考えの方は最低でもHDR600のものから選びましょう

もん吉

あと縦回転できないのはイラスト制作には残念なところ

結論:高バランスのザ・4K×144Hz

4K×144Hz買うならまずここから

モニターは幅広いスペックと価格帯です

しかも詳しくないと何を選んでいいのかわかりづらく、レビューとかも少ない&イマイチわかりにくかったりして、アマゾンとかで適当に買っちゃう人も少なくないと思います

もん吉

そんな中スッとおすすめできるのがこれってわけ

  • 4K×144Hzで8万円台
  • 28インチのほどよいサイズ
  • 機能も豊富で残像感も少ない

モニターは基本的に価格が高い方が性能も良いですが、PCと違ってとりあえず高いやつ買っとけと言えるほど確実なものではありません

もん吉

正直PC周りで一番入念に調べた方がいいのはモニターだと思う

ただしHDRやスタンド性能など一部欠点もある

この辺は人によっては大きな欠点です

しかし人によっては大した問題ではなく、むしろこういう部分は減らして価格を下げてくれ!って思う人も多いはず

もん吉

ぶっちゃけHDRはコンテンツが少ないしまだ発展途上感ある

  • HDRは別に重視してない人
  • デスク環境が広い人
  • モニターアーム使う人

以上のような人にとっては大した欠点ではないので、M28Uはめちゃくちゃピッタリな製品だと思います

そんなM28U、もし興味が出た・参考になったという方がいましたらぜひ使ってみてはいかがでしょうか٩( 'ω' )و

\アマゾンタイムセール!最大10%ポイントアップ/
Amazon
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

お気軽にコメントください(´°v°)/ンピッ

コメントする

CAPTCHA

ポチって移動する目次