MENU
あぼか
うp主
PC関連1年生
自分が欲しいもの・気になるものを徹底的に調べて得た知識をライト~ミドル層向けに発信してます!
質問コメントなどお気軽に( ´灬` )フォッフォッフォッ
PCガジェット系ブログ→アボログ
ゲーム系ブログ→アボログGAMES

PS5に最適!4K144Hzな最強モニターLG 27GP950-B

FPSも遊ぶしRPGも遊びたいけど、4Kにするか144Hzにするか迷う(。-`ω-)ンー

PS5用に最適なモニターなんかないのかな~(。-`ω-)ンー

そんな人にオススメなのがこのモニター!

「LG UltraGear 27GP950-B」デデン!!

このモニターは4Kかつ144Hzの高解像度・高リフレッシュレートなモニターで、HDMI2.1に対応しているため「PS5やXbox series Xなどの次世代機」に使えちゃう今大注目なモニターです

PS5やXbox series Xが発売されてから4K144Hzのモニターは増えています

しかし、この「LG 27GP950-B」はNanoIPSパネルを採用し、色域はDCI-P3 98%とクリエイター向けモニターのような広色域

なおかつ工場出荷時キャリブレーション済みで色の精度も高く

さらにさらにHDR600に対応しているので、他とは一味違う美麗グラフィックなスーパーウルトラファイナリアリティエクストラボンバーな、めっちゃすごいモニターなのです!!😤😤

とはいえ価格は10万円を超えるのでそう簡単には手が出せません

ということで、今回はLGの27GP950-Bの性能について紹介しちゃいます( ー`дー´)キリッ

ポチって移動する目次

UltraGear 27GP950-Bの性能

引用:アマゾン
スクロールできます
画面サイズ27インチ
解像度3840×2160(4K)
パネルIPS(NanoIPS)
リフレッシュレート144Hz(OC時160Hz)
応答速度1ms(GTG)
最大輝度400cd/㎡~600cd/㎡
コントラスト比1,000:1
最大表示色約10.7億色(10bit)
色域DCI-P3 98%
本体サイズ・重量スタンドなし:609(幅)×353(高さ)×54(奥行)
スタンドあり:609(幅)×465-575(高さ)×291(奥行)
入力端子HDMI(2.1)×2、DisplayPort×1、USB3.0 1up/2down
その他機能HDR600・FreeSync Premium Pro・ G-SYNC Compatible
Flicker Safe・ブルーライト低減モード・Smart Energy Saving
ハードウェアキャリブレーション・工場出荷時キャリブレーション済
VESA DSC・DAS(Dynamic Action Sync) Mode
Black Stabilizer・Crosshair・Sphere Lighting
OSDジョイスティック・エルゴノミクスデザイン
Dial Point・LIGHT FX・VESAマウント100×100
引用:LG公式サイト

性能面は冒頭でも言ってるのでもうちょっと具体的に「誰におすすめなの?」ってところについて触れちゃいます

おすすめなのは幅広いジャンルのゲームをプレイする人

高グラフィックなRPGを遊ぶにも良し、流行りのバトロワなどFPSなんかを遊ぶのも良しな万能なゲーミングモニターです

モニモニ

しいて言うなら色域が広くてHDR600対応なのでグラフィック重視のゲームを中心に遊ぶ人におすすめだよ

27GP950-BはPCにも最適ですが、やはりPS5やXbox series X用モニターとして注目の一台となっています

正直パーフェクトなモニターで非の打ちどころがないんだけど、唯一残念なのが黒挿入は非搭載となっている点

応答速度1msなので黒挿入がなくても問題ないとは思いますし、そこを加味しても映像美でプラス100億万点( ´灬` )フォッフォッフォッ

しかしやっぱり黒挿入は外せないよねという方は6月末に発売になる「Acer Nitro XV282K KV」が同じ4K144HzのHDMI2.1対応モニターで黒挿入も搭載していますので、そちらの方もチェックしてみてください!

他のものはさておき今回の主題「LG 27GP950-B」について、もうちょっと詳しく見てみましょう└(’ω’)┘ワッショイ

どんな人におすすめ?

繰り返しになっちゃいますが、27GP950-Bはいろんなジャンルのゲームを遊びたい人におすすめのモニターです

27GP950-Bの最大の特徴は4Kかつ144Hz

高解像度・高フレームレートどちらも対応できるところ

モニモニ

ジャンルによってグラフィックとフレームレートの重要度が違うよ

例えば「RPGをプレイするときは4K」で、「FPSをプレイするときにはFHDに下げて120fpsにする」といった使い分けが1台のモニターで完結します

そして、プレイするゲームによっては4Kかつ120fpsで遊ぶなんてことも可能になるわけです

なのでもしもRPGやシミュレーションゲームなどのフレームレート数を上げる必要性がないゲームを中心に遊ぶなら、144Hzに対応している必要もないので4Kの60HzぐらいのモニターでOK

モニモニ

フレームレートは主に対戦ゲームやアクションゲームなどタイミングが重要なゲームにおすすめだよ

HDMI2.1対応なのでPS5にも使える!

一応これまでも4K144Hzのモニター自体はあったんですが、27GP950-BはHDMI2.1に対応しているところがこれまでのものとは違うところ

PS5はDisplayportは対応していないのでHDMIで接続しなければなりません

HDMI2.0では4Kか120fpsかどちらか一方しかできませんでしたが、HDMI2.1になって4Kと120fpsを同時に出力することが可能になりました

27GP950-BはそんなHDMI2.1に対応しているのでPS5に最適なんですねぇ(。 ・ω・))フムフム

モニモニ

PC用としてもDisplayportよりHDMIの方が良いって人もいるから入力端子を選べるようになったのはメリットだよ

でもPS5の性能は今のPCだとミドル~ミドルハイぐらいの性能になっているので、フォートナイトなどのような軽いゲームじゃないと4K120psは実現できないので過信は禁物です!

ゲーミングモニターだけど色精度も高い

お菓子

27GP950-Bは色精度や色域も高い性能を持ちます

工場出荷時にキャリブレーション(色校正)済みとなっていて、さらにハードウェアキャリブレーションに対応しているので、数年使って発色が悪くなってきてもキャリブレータ―を使えば色校正できちゃう

色域はDCI-P3 98%カバー

DCI-P3はデジタルシネマの規格で通常のsRGBよりも広い色域になっているため、より鮮やかでより幅が広い映像表現が可能となります

さらにNanoIPSパネル仕様となっているので、通常のIPSパネルよりもさらに発色が良くなっています

モニモニ

グラフィック重視のゲームをより良い状態でプレイできるよ

ちなみに映像の美しさはこちらの動画が参考になると思います!

PS5実機につなげてレビューされてますのでよかったら観てみてください( ˙꒳​˙ᐢ )ウィッ

省エネ対策もバッチリ

ゲーミングモニターは性能が高い分消費電力も大きめです

これはまあしょうがないと思うんですが、ゲーム中はまだしもただYouTube観てるだけでゲーム中と同じような消費電力になるのは無駄ですよね(。-`ω-)ンー

そこで活躍するのが「Smart Energy Saving」という機能

Smart Energy Savingは自動調光機能のことで、画面の明るさを自動で調節してくれるので普通に使うよりも電力消費を抑えることができます

モニモニ

ただゲーム中や細かい作業をしているときは邪魔になることもあるので一長一短だよ

デメリットについて

27GP950-Bの欠点はないの?と思う方もいるはず

欠点は4つ

  1. 価格が高い
  2. スタンドがデカい
  3. スピーカー非搭載
  4. 黒挿入非搭載
  5. Displayportでは画質低下?

価格は12万円台

価格は12万円ぐらいで結構高額です

アマゾンで現在12万円程度になってるのでモニターの中でも高額な部類で、同じ価格帯だと144Hzのウルトラワイドモニター360Hzのモニターなんかも同価格帯になります

PS5にウルトラワイドも360Hzも必要ないですが、置き場所など利便性を考えなければ4Kのものと144Hzのものを別々に用意したほうが安く済ませることもできちゃうんですね

モニモニ

もっと高いモニターもあるけどPS5用としては最高額の部類だよ

スタンドとスピーカーは簡単に対策可能

一方スタンドの大きさはモニターアームで対策可能

スピーカーも同様に別でヘッドホンやスピーカーを用意すればOK

しかし、モニター自体が高額なのでモニターアームやスピーカーなども一緒に用意するのは出費がかさむのでしんどいところ

モニモニ

まあヘッドホンやイヤホンは元々持ってるものがあると思うし、モニターアームは必須ではないので後から用意するのもアリだよ

黒挿入は人によってはなくても大丈夫

あとは黒挿入(モーションブラーリダクション)がないのも人によっては大きな欠点になりそう

FPSをメインでプレイしている人はもっとFPSに特化したモニターがあるので、そちらの方を選んだ方がいいかもしれません

Displayportで接続する場合は注意!

このモニターが悪いというよりもDisplayport側の問題なんですが、HDMI2.1は圧縮せず4K144Hzを伝達できる一方でDisplayportはまだ圧縮なしでは伝達できません

現在はVESA DSCという圧縮技術によってDisplayport接続での4K144Hzを可能としている状況で、PS5などはHDMI2.1で接続すればいいんだけど、PCの場合HDMI2.1に対応しているグラボはRTX30番台からになっているので注意が必要です

モニモニ

そもそも4K144Hzを同時に出力するにはRTX3080以上のスペックが必要なのでRTX20番台やGTXなどはアカンパターンだよ

その他多彩な機能について

ゲームに便利な機能も多数搭載

ブラックイコライザーやクロスヘア、遅延を低減するDASモード、映像のズレやカクツキを抑えるG-syncやFreesyncなどはゲーミングモニターに必須な機能をバッチリ抑えてます

動画視聴などにもあると嬉しいHDR機能も搭載

他のゲーミングモニターだとHDR400ぐらいが多いんですが、27GP950-BはHDR600対応なのでさらに上の映像を楽しむことができます

さらにお部屋のインテリアとして「Sphere Lighting」も面白い

Sphere Lightingは音楽に合わせて背面のライティングが変化する機能で、ゲームに効果音やBGMと光がマッチしてお部屋の雰囲気アップ

モニモニ

FPSゲーマーの方はシャープネスの調整も可能なので安心だよ

他にもモニターの設定は下部にあるOSDジョイスティックで操作しやすく設定のストレスが少ないです

ここはリモコンがついてるとベストではあるんですが、まあそこまで頻繁にいじるものでもないので全然問題ナッシング

発色も良く、高解像度で高リフレッシュレート

価格はお高いですがこれ一台でいろんなゲームを満足に遊べるスペックなので、モニターを2台3台と買うよりもいいかもしれないですね😎👍

といったところで今回はこの辺で(・ω・)ノシ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

ポチって移動する目次
閉じる