MENU
あぼか
うp主
PC関連1年生
自分が欲しいもの・気になるものを徹底的に調べて得た知識をライト~ミドル層向けに発信してます!
質問コメントなどお気軽に( ´灬` )フォッフォッフォッ
PCガジェット系ブログ→アボログ
ゲーム系ブログ→アボログGAMES
目次

量子ドット採用で超絶美麗!4K144Hzのヤバすぎるモニター【MSI Optix MPG321UR-QD】

2021年9月30日に発売となるMSI初の4K×144Hzのゲーミングモニター

その名も「MSI Optix MPG321UR-QD」!

このモニターの特徴はトップクラスの色域を持つこと

量子ドットを採用することでAdobeRGB99%カバーという超絶美麗すーぱーすごいモニターとなっています😳

うp主

MSI半端ないって…!こんなんできひんやん普通

しかも、このモニター色域だけじゃないんすよ

HDR600・PIP/PBP・KVMスイッチ・ノイズキャンセリングマイク内蔵・マウスバンジー搭載・黒挿入(MBR)とG-Sync/FreeSync併用可

多彩な機能を持つドラゴン中のドラゴン、神龍級のゴッドモニターなのです!🐲😤🐲😤

しかし当然デメリットと言える部分もあるんですよね(。-`ω-)ンー

ということで、今回はゴッドモニター「MSI Optix MPG321UR-QD」を紹介しちゃいます💪

ちなみにドラゴンはMSIのシンボルマークです🐲

ポチって移動する目次

MSI Optix MPG321UR-QDの性能

スクロールできます
サイズ‎32インチ
解像度‎4K UHD(3,840 × 2,160)
パネル‎IPS
リフレッシュレート144Hz
応答速度1ms(MPRT)
輝度‎‎400(ピーク時:600)
コントラスト比‎‎1,000:1
最大表示色 約10億7,300万色
色域 sRGBカバー率:99%
AdobeRGBカバー率:99%
DCI-P3カバー率:97%
視野角178°(H)/ 178°(V)
入出力端子‎HDMI 2.1 ×2
DisplayPort 1.4a ×1
USB Type-C(DP Alt mode)×1
USB 2.0 Type-A(USB ハブ)×6
USB 2.0 Type-B(PC接続用)×3
ヘッドホン出力 ×1
マイク入力 ×1
オーディオコンボジャック(PC接続用)×1
消費電力使用時 42W / スタンバイ時 0.5W
エルゴノミクスチルト機能:-5° ~ 20°
スイベル機能:-30° ~ 30°
高さ調整機能:0 ~ 100(mm)
ピボット機能:なし
外形寸法(WxHxD)‎/重量727.1 × 251.8 × 482.2(mm)+約10.1kg
その他機能アンチフリッカー/アンチモーションブラー
ブルーライトカット/ナイトビジョン
Auto Brightness Control/Ambient RGB Light/
DisplayHDR 600/KVMスイッチ /PIP・PBP
Mystic Light/Sound Tune/USBハブ機能
G-SYNC Compatible/VESA100
主な付属品‎HDMIケーブル ×1
DisplayPortケーブル ×1
USB Type-A - Type-Bケーブル ×3
USB Type-C - Type-Cケーブル ×1
オーディオコンボケーブル ×1
電源ケーブル ×1
マウスバンジー ×1
VESAマウント用スペーサーネジ ×4
クイックスタートガイド ×1
保証製品本体国内保証:お買上げ日より3年間
引用:MSI公式

モニターの機能もすごいけど、付属品や入力端子の多さもすごい😳

入力端子の多さは不要な人もいると思いますが、Optix MPG321UR-QDにはKVMスイッチという機能があります

複数の端末と接続しているときにワンタッチでサッと切り替えできるのでめちゃくちゃ便利💡

他にもPIP/PBP(ピクチャーイン[バイ]ピクチャー)も使えるので、PS5などのゲーム機とPCとの併用しやすい

モニモニ

ここからもう少し詳しくみていくよ

Optix MPG321UR-QDの良いところ

メリット
  • 色域が半端なく広い
  • HDR600に対応
  • 多機能
  • 端末切り替えが簡単

①色域が広い

色域とはモニターの色領域を示すもの

色域が広いということは色の表現幅が広いってことなので、同じグラフィック設定でもモニターの性能(色域の広さ)によって全く違うものとなります

sRGBとAdobeRGBの見え方
sRGB/AdobeRGBの違い(イメージ画像)

大げさに言うとPS5をしょうもないテレビにつなぐより、PS4をOptix MPG321UR-QDにつないだ方がキレイに見えるようなもの

クリエイター向けモニター並の色域を持つOptix MPG321UR-QDは、モニターの性能だけでワンランク・ツーランク上のグラフィックを味わうことができちゃいます

②HDR600

HDRはハイダイナミックレンジの略

輝度が高く明るさの幅が広く、映像をまるで実写のような自然な表現で映し出すことができます

SDR/HDR比較画像イメージ
SDRとHDRの違い(イメージ画像)

ゲーミングモニターだとHDR400ぐらいが多いんですが、HDR400ではそこまでHDRの良さを体感しづらいです

わん吉

HDR600が最低ラインと言われているので、HDRを楽しむならOptix MPG321UR-QDよさそう!

③マウスバンジーとノイズキャンセルマイク

有線マウスを使ってる人やVCなどマイクを使う必要がある人は地味に便利

モニターにマウスバンジーとノイズキャンセル機能付きのマイクが内蔵されているので、省スペースかつ用意する手間が省けてありがたい( ˘ω˘ )

④KVMスイッチで簡単切り替え

複数の端末とつないでいると切り替えが結構めんどい

しかしKVMスイッチで簡単に切り替えることができるので、いちいちPCとPS5とswitchとXboxとケーブルを付け替える手間も入力切替の手間も少なくなるので楽ちんです

モニモニ

あとPIP/PBPにも対応してるのでPCで攻略サイトや動画をみながらゲームするのもこれ一台でできるよ

補足

例えばPCからPS5に切り替えるとき、モニターに接続されているマウスやヘッドホンなども一緒に接続先が切り替わります

コントローラーも接続先が同時に切り替わるのでめちゃくちゃ便利

Optix MPG321UR-QDの良くないところ

デメリット
  • 価格は15万円超え
  • FPSには微妙
  • 応答速度は遅め
  • 32インチはデカい

①高い

価格は約16万円

他の4K×144Hzモニターは10万円~13万円ぐらいなので同性能帯でも高い方になります

メーカー型番価格
JAPANNEXTJN-315IPS144UHDR109,900円(Amazon)
ViewsonicVX2882-4KP89,800円(ツクモ)
GIGABYTEFV43U178.200円(Amazon)
AcerXV282K KV109,800円(ツクモ)
LG27GP950-B112,319円(ツクモ)
MSIMPG321UR-QD159,800円(Amazon)
価格は10月18日時点の最安値

しかしOptix MPG321UR-QDはクリエイター向けモニターのハイエンド機種と同じぐらい色域が広さを持ち、同等の色域を持つモニターは15万円ぐらいするので相場とそんなに違いはありません

むしろゲーミング機能が高い分こちらの方がコスパが良いとも言えるので、値段は高いけどちゃんとそれに見合った性能です

②FPSには微妙

PS5やXbox series Xは120fpsなのでコンシューマー向けなら最高です

でもPC用と考えると4Kで遊ぶには良いけどFPSとかTPSを遊ぶには少し物足りない(。-`ω-)ンー

BFやCODとか重いFPSは144Hzで十分

FPSを4Kで遊ぶメリットも少ないし、FPSを良く遊ぶならFHD×240~360HzとかWQHD×240Hzとかの方が良いかもしれません

にゃん吉

どちらかというとアクションゲームとか向けだと思うよ

③応答速度は遅め

MPG321UR-QDの応答速度は1msですがMPRT(追従視)での計測です

一般的に応答速度はGtG(中間色)を計測するのですが、MPRTは計測方法が違うので実際に使ったときの感じ方が違います

そんなGtGの応答速度、Optix MPG321UR-QDは公式には記載されていません

海外の情報を探してみたところ、モニターを詳しくレビューしている海外Youtuberの動画を発見しました

こちらはHardware Unboxedという登録者80万人以上の有名レビュワー

この動画によると「MSI Optix MPG321UR-QD」は最速2ms(GtG)平均6ms(GtG)の応答速度になっているとのこと

これは同じ4K×144Hzのモニターの中では遅い方

メーカー型番応答速度(公式)応答速度(外部サイト)
JAPANNEXTJN-315IPS144UHDR1ms(MPRT)
ViewsonicVX2882-4KP1ms(GtG&MPRT)
GIGABYTEFV43U1ms(MPRT)1ms(GtG※RTINGS参照)
GIGABYTEM28U1ms(GtG)1ms(GtG※RTINGS参照)
AcerXV282K KV1ms(GtG)1ms(GtG※RTINGS参照)
Acer PretatorXB323QK0.5ms(Min)
ASUS TUFVG28UQL1A1ms(GtG)1ms(GtG※Hardware Unboxed参照)
LG27GP950-B1ms(GtG)1ms(GtG※RTINGS参照)
MSIMPG321UR-QD1ms(MPRT)2ms(GtG※Hardware Unboxed参照)
応答速度は最速値を表記

MPRTは1msなので黒挿入を使うことで残像感を低減することができます

しかし黒挿入は画面が暗くなるなどのデメリットもあり、FPS以外では使い勝手が良くないので注意

モニモニ

とはいえMPRTの方が実際の見え方に近いので、黒挿入を使えば残像は気にならないレベルだよ

MPRTについて詳しくはコチラ💡

④32インチはデカい

4Kの解像度は30インチはないと微妙

しかし、デスクに置くサイズとしては32インチはまあデカい

奥行きが結構あるデスクとかモニターアームでギリギリまで奥の方に寄せるか、もしくはリビングなどに置いて離れて使うなどしないと使いにくく感じると思います

Optix MPG321UR-QDはどんな人におすすめ?

一番おすすめなのはPS5やXbox seris Xを持ってる人

PCユーザーはRTX3080などのハイエンドには良いけど、ミドルスペックでは4Kにすると60fps以下になるゲームは多いので本体の方からアップグレードした方がいいかも

モニモニ

モニターのスペックについてこれるPCスペックが必要だよ

それではここからは各ジャンルや用途別におすすめ度をグラフにしてみていきたいと思います

ゲームジャンル
FPS/TPS
ゲーム機なら
RPG/MMO
おすすめ
レース/アクション
おすすめ
シミュレーション
144Hzは過剰だけどアリ
格ゲー/音ゲー
悪くはない

FPSなどの対戦系向けではないです

でもRPGやMMOなどグラフィックも重視したいゲームには最高のモニター

レースやアクションなどグラとfpsどちらも欲しいゲームにも最適で、シミュレーション系でも4Kの高解像度が活きやすい

PS5/箱X|Sでは120fpsが上限なのでゲーム機専用としてなら問題ナシ

モニモニ

144Hzあればほとんどのゲームは快適だし、どんなゲームも4Kにするだけでクオリティアップだよ

用途別
ゲーム
これぞハイエンド
映画/動画視聴
HDR600がイイ
普段使い
文字サイズには注意
作業
4Kは作業領域も優れる
イラスト制作など
注意点はあるけど制作もこなせる

映画など動画視聴は4KとHDR600に加え色域が広いので最高

しかしIPSパネルは黒の表現が苦手なので暗いシーンが多い映像はそこまででもない

AdobeRGB99%のカバー率を活かして制作系にも使えるポテンシャルはあるけど、事前校正はしてないようなので仕事でも使うならキャリブレーション推奨です

モニモニ

個人的に4K144Hzのモニターを買うとしたら第一候補はこれだよ

結論:Optix MPG321UR-QDは4K×144Hz最強格

わん吉

Optix MPG321UR-QD...やつは四天王の中でも最強...!

メーカー型番価格
JAPANNEXTJN-315IPS144UHDR109,900円(Amazon)
ViewsonicVX2882-4KP89,800円(ツクモ)
GIGABYTEFV43U178.200円(Amazon)
AcerXV282K KV109,800円(ツクモ)
LG27GP950-B112,319円(ツクモ)
MSIMPG321UR-QD159,800円(Amazon)
価格は10月18日時点の最安値

MSIはPCパーツも人気で信頼があり、モニターも湾曲パネルを筆頭に定評のあるメーカーです

4K×144Hzのモニターも大分増えてきましたが、Optix MPG321UR-QDは入荷後すぐに売り切れてしまう4K×144Hz界の王者

にゃん吉

4Kパネルはやっぱりキレイなのが正義

応答速度が遅いなどの欠点はあるけど、それを上回るすばらしい利点を持ったモニターですのでぜひ使ってみてはいかがでしょうか٩( 'ω' )و

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

ポチって移動する目次
閉じる