最上級のモニター 144Hz×WQHD BenQ EX2780Qの性能・評価

モニター
この記事は約10分で読めます。
EX2780Qの評価ポイント
  1. スピーカーの音質が良い
  2. 解像度2560×1440
  3. HDR400
  4. リモコン付き
  5. 高解像度+144Hzの欲張りセット
めちゃつよ

先に結論からいうと、「EX2780Q」はFPSも遊ぶしMMOなどいろんなジャンルのゲームを遊ぶタイプの人におすすめのモニターです

高解像度かつ高リフレッシュレートのモニターなので、「MMOをプレイするときは高解像度」「FPSをプレイするときは高フレームレート」という風に、ゲームの設定を変えるだけでどちらにも対応することができる、まさにモニター界のトッピング全部のせラーメン🍜

特に重要なポイントとしては

ポイントは3つ
  • 高解像度+高リフレッシュレート
  • HDR対応でワンランク上のビジュアル
  • サブウーファー付きのスピーカー

最近のグラボは性能が高く、一部ゲームでは高解像度と高フレームレートを両立することも現実的になってきました

1440pの解像度でありながら144FPSでゲームをプレイすることもできちゃうのです😳

HDRは映像関連の国際規格VESAが定めた基準をクリアした真のHDR「HDR400」対応

そして何より「EX2780Q」の最も大きな特徴がサブウーファー付きの高音質な内蔵スピーカーです

うp主
うp主

高解像度や高リフレッシュレートのモニターはいっぱいあるけど、音質が良いスピーカーのモニターは少ない

でも結構お高いんでしょう?

なんと!たったの5万円で購入できちゃうんです!!あら、安いわねJ( ‘ー`)し

とは言えませんが、WQHDのモニターは大体3万円台が相場で、144Hzは2万円台半ばぐらいが相場なので特段高いというわけではありません

極論WQHDモニターと144Hzモニターを別々で購入したと考えれば、むしろ相場より少し安く済みます

うp主
うp主

逆に考えるんだ、「安く済んでいいさ」と考えるんだジョジョ

とはいえモニターに5万円も出すのはしんどいところ

もしも「ワンランク解像度を下げてFHDでもいいよ」って方は、同じBenQから下位モデルにあたる「BenQ MOBIUZ EX2510」というモニターもあるので、そちらも要チェックです!

FHDの「EX2510」とQHDの「EX2780Q」の簡単な性能比較はコチラ\_(・ω・`)ココ大事

EX2510
EX2780Q
  • FHD
  • 24/27インチ
  • HDRi(HDR10)
  • 8bit
  • sRBG99%
  • 応答速度1ms
  • リモコンなし
  • 3万円台
  • QHD
  • 27インチ
  • HDR400
  • 10bit
  • DCI-P395%(AdobeRGB90%)
  • 応答速度5ms
  • リモコン付き
  • 5万円台

EX2510のもう少し詳しい説明は、別の記事で取り上げているのでよかったらそちらもどうぞ(・ω・)ノシ

と前置きはこの辺にして、今回はWQHD×144Hzのモニター「BenQ EX2780Q」の性能などについて見ていっちゃいましょう( ー`дー´)キリッ

EX2780Qのスペック

アマゾン販売ページより引用
サイズ27 インチ
解像度WQHD(2560×1440)
パネルIPS
リフレッシュレート144Hz
応答速度5ms(GtG)
最大輝度350cd/㎡(HDR時400cd/㎡以上)
コントラスト比1,000:1
最大表示色10bit(約10億7000万色)
色域95% DCI-P3(AdobeRGB 86%相当)
その他機能HDRi(HDR400)・FreeSync
フリッカーフリー・ブルーライトカット
2.1chスピーカー2W×2+5W treVolo搭載
VESAマウント100×100・リモコン付属

まず基本情報として「サイズは27インチ」「解像度がWQHD」「リフレッシュレート144Hz」「IPSパネル」となっています

これに加えて注目点は以下の5つ

  • 応答速度5ms
  • DCI-P3 95%カバー
  • HDR400認定モニター
  • リモコン付き
  • treVoloステレオスピーカー

この数値でわかるのは、FPSなどの対戦ゲームよりもソロで遊ぶゲームやMMOなどのゆったりとしたゲーム向けの性能ということ

FPSはあくまで軽く遊ぶ程度のプレイヤー向けです

FPSメインで遊ぶ人や、ガチでプレイしたい場合にはもっとFPSに特化したゲーミングモニターがおすすめです

モニモニ
モニモニ

でもFPSにはダメってことじゃなくFPSエンジョイ勢なら全然OKだよ

144Hzで足りるのか問題

144Hzで足りる人足りない人
FPSエンジョイ勢
足りる
FPSガチ勢
足りない
MMO/RPG
満足
レース系
人によっては足りない

ゲーミングモニターのリフレッシュレートは現在360Hzまであります

FPSをガチでやるならフレームレートは高い方がいいので、144Hzではガチ向けとは言えません

ただ、60から144に上がったときのヌルヌル感より144より上は差が感じにくく、ライトユーザーやミドルユーザーぐらいだと144Hzで十分です

モニモニ
モニモニ

とはいえ動体視力や反射神経は個人差があるから、エンジョイ勢と言えど240Hz以上もアリだと思うよ

MMOなどのゲームではフレームレートの高さがプレイに与える影響は重大ではありません

一般の感覚としては家庭用ゲーム機が30FPS程度ということもあり、60FPSでも「うわっヌルヌルじゃん」って感覚になれちゃいます

60で感動するので144なんてスーパーサイヤ人をこえたスーパーサイヤ人です

MMOなどの用途としては144Hzで満足度は限界突破することでしょう

モニモニ
モニモニ

レース系とかも対戦要素がなければ144Hzで十分だよ

応答速度と入力遅延はクリア

応答速度&入力遅延
FPS
MMO/RPG
MOBA/格闘
レース系

決して悪くはない、けど良くもない。応答速度5msはそんな感じの評価

EX2780Qが悪いというよりは、他のゲーミングモニターが優れているので相対的な評価として良くないってだけなので、ガチ勢でもなければ特に問題ないです

モニモニ
モニモニ

ただ黒挿入機能は搭載されていないのでそこだけ残念だよ

入力遅延に関しては、海外サイトが測定した結果によると”4.1ms~9.0ms”ぐらいになっているようなので表示ラグ問題は大丈夫

黒挿入非搭載で応答速度は並程度ではあるけど、理論上5ms程度であれば残像は出ないとされてます

リフレッシュレート更新速度必要な応答速度推奨
60Hz16.67ミリ秒最低でも17ミリ秒以下16ミリ秒
144Hz6.94ミリ秒最低でも7ミリ秒以下6ミリ秒
160Hz6.25ミリ秒最低でも6.3ミリ秒以下6ミリ秒
240Hz4.17ミリ秒最低でも4.2ミリ秒以下4ミリ秒
引用:モニターの応答速度を図解:何ミリ秒がおすすめ? ちもろぐ

ゲーミングモニターの応答速度の数値は、オーバードライブでブーストかけた速度だったり、一番良いスコアを最大速度として表記しているのであくまで参考程度

しかもモニターが高性能でも人間の目が錯覚して残像を感じてしまう場合もあります

残像感を気にするなら応答速度がもっと速く、できれば黒挿入機能が搭載されたものを選ぶのがいいかもしれません(。-`ω-)ンー

モニモニ
モニモニ

もし気になるならFHDの「EX2510」が応答速度1msで黒挿入も搭載されてるので検討してみるのもアリだと思うよ

画面の色合いは高性能

画面の色合い
ゲーム用
ジャンルに合わせたプリセット
普段使い
最高
映画/アニメ
映画鑑賞用はIPSよりVA
クリエイティブ
印刷・DTP用には色校正が必要

良くも悪くもIPSパネルなのでコントラストや、いわゆるIPSグローのようなバックライト漏れが難点

ゲーム用としてはなんの問題もなく、むしろゲーム用に合わせた色校正になっているので最高のグラフィックを楽しめます

モニモニ
モニモニ

ゲーミングモニターは現在IPSとTNが主流で、TNパネルはボヤっとした感じの色合いなのでIPSってだけでキレイに見えるよ

映画やアニメの視聴用としてはVAの方ががおすすめ

IPSパネルは視野角と発色に優れますが黒が弱めなんですよね(。-`ω-)ンー

HDR対応モニターなので、普通のIPSパネルよりは映りがキレイではあるものの、映画は暗いシーンが多かったりするので映画ガチ勢はVA、スーパーガチ勢は有機ELディスプレイがおすすめです

モニモニ
モニモニ

一応ゲーミングモニターで有機ELディスプレイ採用のものもあるよ(40万円ぐらいだけど)

クリエイティブ作業にも

デザインとかデジタルイラストなどのクリエイティブ用としても結構いけます

色の精細さはゲーミングモニターにしては初期設定から大きなズレなくかなり精度が高いとされていますが、印刷系・DTPの場合ちょっと注意

モニターの色精度が低いと印刷したときの色が想定と違うことになっちゃいますので、印刷物を扱う場合はキャリブレーションするのをおすすめします

モニモニ
モニモニ

ちなみにキャリブレーションするには専用の機器が必要だよ

スピーカーの音質について

下位モデルにあたる「EX2510」は2.5W×2のスピーカーが搭載されていますが、こちらの「EX2780Q」は2W×2+5Wのサブウーファー付きのスピーカーとなっています

サブウーファーってなんだ?って話なんですが

低音専門のスピーカーという感じのもので、ベースとかドラムとかの低音部分を鳴らしてくれるスピーカーのことです

うp主
うp主

ようするに重厚感のある音で表現できるよってことです!

「EX2510」はサブウーファーはついてないので、低音という面では「EX2780Q」の方が優れていると言えるでしょう

音質についてはモニ研さんという方がYouTubeにアップしているので、そちらの動画を貼っておきますので参考にどうぞ(・ω・)ノシ

BenQ MOBIUZ EX2510 スピーカーの音質
BenQ MOBIUZ EX2510 スピーカーの音質

高さ・角度・傾きの調節

エルゴノミクス
  1. 高さ調節:なし
  2. 左右首振り:なし
  3. 前後角度:+20°~-5°
  4. 回転:なし
調節は微妙

高さ・左右の首振り・回転は不可となっています

前後の角度だけ調節可能でエルゴノミクス性能はこの価格帯のモニターとしては低いですが、幸いVESAマウント対応なのでモニターアームを使えばある程度対処可能です

モニモニ
モニモニ

使うかどうかは人によるのでデメリットにならない場合もあるよ

リモコン付きで便利

ゲーミングモニターで以外と重要なのがリモコン

というのも、FPSモードとかRPGモード、シネマモードといった感じで、シチュエーションごとにカラープリセットの変更する場合リモコンがないとめちゃくちゃ不便なんですよね

うp主
うp主

個人的には3段階あって「リモコン付き」が最強「スティック型ボタン」が良「普通のボタン」が下位という評価

HDR対応モニターは特にゲーム中とネットサーフィン中でHDRの切り替えをしたいときに、リモコンがあるのとないのとでは使い勝手が雲泥の差なので、リモコン付きというのは地味だけどめちゃくちゃデカい要素です

総評

結局「EX2780Q」ってどうなの?

WQHDの高解像度でありながら144Hzの高リフレッシュレートのモニター

VESAが定める規格のHDR400をクリアした真のHDR対応

特にスピーカーは他にはない強みですね( ー`дー´)キリッ

FPS
ライト
ヘビー
MOBA/格闘
ライト
ヘビー
MMO/RPG
ライト
ヘビー
映画/アニメ
ライト
ヘビー
クリエイティブ
ライト
ヘビー

残念ながら黒挿入機能はないので、FPSなどのシューティングゲームや対戦ゲームをメインにがっつり遊ぶ人には足りない部分はあります

その代わり解像度が高くHDR対応なのでグラフィック面は高性能

色の精細さもなかなか高く、AdobeRGB 86%相当の色域となっているのでクリエイター向けモニターにも匹敵するぐらいの性能です

モニモニ
モニモニ

印刷物の制作は一度キャリブレーションしないとだけど、ネット上にアップするイラストなら色の正確さは十分だよ

BenQにはFPS向けのZOWIEシリーズ、エンタメ向けのMOBIUZシリーズ、クリエイター向けのPDシリーズがあります

「EX2780Q」はMOBIUZシリーズにあたり一般向けな高性能モニターとなっていますので、「ゲームもするしアニメも観るし、いろんなジャンルのゲームを遊びたい」そんな方におすすめのモニターです

うp主
うp主

PS5はWQHD非対応ですがXbox Series Xは対応でEX2780Qでの動作確認もされてる(ソースreddit)のでおすすめです

comment

タイトルとURLをコピーしました