MENU
あぼか
うp主
PC関連1年生
自分が欲しいもの・気になるものを徹底的に調べて得た知識をライト~ミドル層向けに発信してます!
質問コメントなどお気軽に( ´灬` )フォッフォッフォッ
PCガジェット系ブログ→アボログ
ゲーム系ブログ→アボログGAMES
目次

ゲーミングモニターのメーカー毎の特徴や違い・評判などを比較解説

ゲーミングモニターはメーカーによる違いや特徴ってあるの?

大きく分けると性能・価格・品質など、各社強みとなるものがあります

ゲーミングモニターって性能的には各社同じようなものなのに、価格が違ったり人気度が違うのって何なんだろう?って思いませんか??

モニターはそうそう壊れないし買い替え頻度は高くないので情報も多くはありません(。-`ω-)ンー

しかし、長く使うものだからこそちゃんと見極めて選びたい

そうお考えの方に!今回はメーカー毎の違いや特徴についてまとめていきたいと思います!٩( ‘ω’ )و

ポチって移動する目次

ゲーミングモニターメーカー

ゲーミングモニターを販売しているメーカーは全部で10社以上あります

コスパ重視のメーカー、性能を追求したメーカー、一風変わった製品を販売するメーカーなど各社それぞれ特色がありますが、自分にあったものを探して選べるように解説していきたいと思います🕵️‍♀️

とりあえずオススメはここ

コスパPixio/AOC/DELL/Acer
性能Acer/ALIENWARE(DELL)/ASUS/BenQ/MSI
ユニークALIENWARE/ASUS/BenQ/MSI

個人的におすすめなのは「BenQ」「ASUS」です

もし湾曲やウルトラワイドをお求めなら「MSI」、コスパを重視するなら「AOC」「Pixio」

保証制度やセールの多さでは「DELL」は強いですし、DELLのゲーミングブランド「Alienware」は近未来感のあるデザインで高性能なゲーミングモニターを販売しているので注目です

ということで、ここからもう少し詳しくみていきましょう😎

BenQ

台湾
主な販売品モニター/パネル/プロジェクター/マウス
ブランドMOBIUZ/ZOWIE

BenQはモニターや液晶パネルの製造・販売を行うメーカー(子会社にAUOを持つ)

ゲーミングモニターでは2つのブランドを展開していて、カジュアル層向けの「MOBIUZ」シリーズ、競技向けの「ZOWIE」シリーズがあり、どちらも高品質で非常に人気の高いメーカーとなっています💡

わん吉

ZOWIEシリーズはマウスもプロゲーマーの使用率が高いよ

BenQの特徴

  1. 高品質
  2. 目的に合わせて選びやすい
  3. FPSゲーマーからの信頼が厚い

BenQはピンからキリまで万遍なく安定した品質

どの製品も性能がハッキリしているので目的に合わせて選びやすく失敗しにくいラインナップになっていますが、ベゼルが厚かったり、性能に物足りなさがあるなどの欠点もあります

にゃん吉

4K144Hzや360Hzなどのフラグシップモデルがまだないのが残念

どれを選べばいいか悩まない

シリーズ代表機種
競技向け-ZOWIEZOWIE XL2411K/ZOWIE XL2546K
カジュアル向け-MOBIUZMOBIUZ EX2510/MOBIUZ EX2710R
クリエイター向け-PD/SWシリーズPD3220U/SW321C
リンクは過去記事です

競技向けならこれ、このPCスペックならこれ、ゲーム機に使いたいならこれと選びやすいラインナップになっていて、性能がハッキリしているので初心者にもわかりやすいです

それぞれ紹介記事を書いてあるので興味がある方は上のリンクからどうぞ

DyAcが強力なZOWIEシリーズ

BenQと言えば特にDyAc機能(黒挿入)が注目のポイント

残像を減らし、くっきりと視認性を高めてくれるので競技性の高いゲームをプレイされる方は最有力候補のひとつとなります

海外の掲示板サイトで「360Hzモニターを購入したけど240HzのXL2546Kに戻した」と言う人がいるぐらいDyAcは強力

しかし競技向けに特化しているため映画やアニメなどの動画閲覧や美しいグラフィックを楽しむゲームには微妙

また、ベゼルが厚めなのでデザインは少々野暮ったく、デュアルモニターにはあまり向きません

  • FPSがうまくなりたい
  • FPSを快適にプレイしたい

競技性の高いゲームを好んでプレイする人はZOWIEシリーズおすすめです💡

万能でラインナップが豊富なMOBIUZシリーズ

MOBIUZシリーズの特徴は高音質な内蔵スピーカー

モニター内蔵のスピーカーはまるで百均のスピーカーのような音質の悪いものが多いですが、MOBIUZシリーズは比較的高音質で外付けスピーカーが不要なのでありがたい

上位モデルだと2.1chのサブウーファー付きなのもポイント

さらに湾曲ディスプレイやウルトラワイドモニターなどラインナップも豊富です

一方で、万能ではあるけど画質・リフレッシュレートどちらも尖ってないので何かひとつのジャンルに特化したい人にはあまり向かないかも🙄

  • 色んなジャンルのゲームを遊びたい
  • ゲーム以外にも使いたい

ライト~ミドル層向けの万能モニターとなっているので、特にPS5などのゲーム機におすすめです💡

Acer

台湾
主な販売品モニター/PC
ブランドNitro/Predator

Acerは台湾のメーカーで元はBenQの親会社

モニターの他にデスクトップPCやノートPC、chromebookなどを販売

日立のノートパソコンなどPCのOEMを提供し2009年にはDELLを抜いて世界シェア2位のPCメーカーにもなった実績を持ちます(wiki調べ)

わん吉

PUBG日本大会などではスポンサーを務める大手メーカー

Acerの特徴

  1. 性能の幅が広い
  2. 4K144Hzや360Hzを販売
  3. プレベアがかわいい

Acerはユーザー的にはコスパの良さが魅力のメーカー

一応コスパ重視と性能重視でブランドが分かれているので差別化はされているんですが、ユーザーとしてはそれがわかりにくく、型番もめちゃくちゃ長くてややこしい似たようなものが多くて困る🙄

にゃん吉

ベゼル(画面の外枠)が薄いスタイリッシュなデザインになっていて、2枚3枚使うならコスパも良くてヨシ!

Acerのゲーミングモニターで残像がひどいなどのレビューがありますが、Acerに限らずオーバードライブをMAXにすると逆残像(オーバーシュート)が発生するので設定に注意

ライト~ヘビーユーザーまで幅広い

シリーズ代表機種
最強-PREDATORX25bmiiprzx
ハイエンドゲーミング-NITROXV241YXbmiiprx/XV282KKVbmiipruzx
カジュアル向け-SigmaLineKG241Sbmiipx
大画面高解像度-OmegaLineCB272Usmiiprx/DM431Kbmiiipfx
スタンダードモデル-AlphaLineEK240YCbi
クリエイター向け-ConceptDConceptD CP3/ConceptD CP7
リンクは過去記事です

Acerはゲーミングモニターだけで3つの(AOPENも合わせると4つ)ブランドがあります

  • カジュアルにSigmaLine(ΣLine)
  • ガッツリゲーマーにNITRO
  • ガチ中のガチにPREDATOR

その他にも一般向けにはOmegaLineやAlphaLine、クリエイター向けのConceptDなど豊富なブランドに、ウルトラワイドや湾曲など豊富なラインナップでAcerなら大体求めるものが見つかります

特に覚える必要はないけど覚えておくと探しやすい

ゲーミングモニター入門SigmaLine

はじめて144Hz以上のゲーミングモニターならまずはここ

価格が控えめで「最近FPSハマってるんだよね」って人とか「PS5買えたしせっかくだから120fpsを体験したい」というような人におすすめです

欠点としてHDR非対応だったり、TNパネルなので視野角が狭く色ムラがあったりします

なのでその辺気にされる方はその他メーカーか、ハイエンド向けのNITROがIPSパネル採用なのでそちらを検討するといいかもしれません

  • 120fps以上で遊んでみたい
  • ゲーミングモニター使ってみたい

そんなゲーミングモニター初心者向けなのがSigmaLineです💡

カジュアル層からガチゲーマーまでNITRO

240Hzや4K×144Hzなどガッツリゲームを楽しみたい人はこちら

2021年現在360Hzモニターが販売されているので一段下がったように見える240Hzモニターですが、実際のところはPCスペックやソフト側の最適化などの問題があるので360Hzが活きるシーンが少ない

まだまだ240Hzは現役の最高スペックと言っても過言ではありません

また、NITROからは「4K×144Hz」「WQHD×144Hz」などの高解像度&高リフレッシュレートモニターも販売されています

  • もっとゲームを楽しみたい
  • もっと快適にプレイしたい

144HzやFHD環境から一段上へステップアップしたい人はNITROおすすめです💡

最上級モデルPREDATOR

最高最強最上級のフラグシップモデル

PREDATORの名を冠するのは現行最強スペックとなる360Hzモニター

相当なマシンスペックが必要なので、ほんの一部の超ハイスペックユーザーかつ使う本人の能力も相応に高くないと活かしきれないスペックですが、見た目もカッコイイしFPSゲーマーなら一度は使ってみたい魅力のあるロマン機です💪😤

あとモニターには関係ないけどマスコットキャラのプレベアがかわいい

引用:Prrdator gaming公式ツイッター
  • FPS超ガチ勢
  • 超ハイスペックユーザー

そんな方はPREDATORおすすめです💡

ASUS

台湾
主な販売品モニター/PC/PCパーツ/キーボード/マウス/スマホ
ブランドTUF/ROG(Zephyrus/Strix/Swift)/ProArt

ASUSはPC・周辺機器全般を取り扱うメーカー

2019年にはCODの世界大会で使用された実績があり、プロゲーマーもASUSのゲーミングモニターを愛用し、PC関連では無視できない影響力を持ったゲーミングモニター四天王の一柱

ちなみに読み方は「エース―ス」名前の由来はペガサス(wiki調べ)

うp主

ASUSはガンダムや鬼滅の刃などとのコラボも話題。ちなみに個人的にもガンダムコラボのモニターを使ってます

ASUSの特徴

  1. アニメコラボ
  2. PCとモニターのRGBLED制御
  3. 先進的な製品

ASUSは特に自作PC界隈で有名ですが、マウスやキーボードなどの周辺機器も販売していて、Aura syncというソフトでPCや周辺機器のRGB LEDを一括制御できるのでASUSで統一するとヤバイ

他よりいち早く革新的な製品を販売し品質や性能も高水準

他の台湾メーカーと比べてコスパが悪いので初心者からすると手が出しにくいところが玉に瑕😇

にゃん吉

静止画だとブレ感があるように見えるけど、実感では自然な残像感なので実物を試したりレビュー動画を参考にするといいかも

コラボが熱い!

https://www.asus.com/microsite/ASUS-X-GUNDAM/jp/

ASUSはガンダムコラボのPCパーツやモニターを販売してます

ベースは元々あるものをガワだけ変えたものになってますが、モニターからPCまでガンダムやザクⅡモデルで揃えられるのがめちゃくちゃ熱い🔥

中国向けに鬼滅の刃コラボを発表

さらにガンダムに続いて中国向けに鬼滅の刃コラボも発表されていて、パーツ類の他にヘッドホンやマウスなどの周辺機器を販売する予定となっています

うp主

日本でも販売するかわからないけど、最近は若い世代にもゲーミングPC人気が高まってるので期待したい

高耐久・質実剛健のTUF

TUFは比較的コスパの良い製品が多いブランド

ゲーミングと名の付くものは外見が派手なものが多いなか、TUFは質実剛健なシンプルなデザインでミリタリー基準の耐久性を持つ製品となっています

スペック的にはハイエンドまで充実していますが最高性能はROGの専門

  • シンプルに高性能
  • 無駄がなくコスパが良い

ピカピカ光るゲーミングゲーミングしているものがあまり好きではないけど、高性能なものが欲しい!という方はTUFシリーズおすすめです💡

“勝つためのゲーミング”ROG

ROGは”勝つためのゲーミングブランド”というキャッチコピーに「先進的」「ゲーマーのため」をコンセプトにしたブランド

Zephyrus・Strix・Swiftの3グレード存在し、右に行くほど高性能になっています

Zephyrusは主にノートPCのグレード。ゲーミングモニターではStrixとSwiftのグレードがありますが、Swiftはいわゆるフラグシップモデルで最高スペックのもの

4K144Hz・360Hzなどの最高クラス、高リフレッシュレートウルトラワイドなど高い性能とユーザビリティを兼ね備えた超一流ブランドです

  • 最先端の性能
  • 最高スペック

他メーカーよりもベゼルが厚めのものが多く、同性能帯ではコスパは悪い方ですが、”勝つ”ことをや”一番いいもの”を求めるならROGシリーズおすすめです💡

MSI

台湾
主な販売品モニター/PC/PCパーツ/キーボード/マウス
ブランドMPG/MAG/NXG/Creator/Prestige

MSIもPC・パーツ・周辺機器全般を取り扱うメーカー

こちらも自作PC界隈では有名で、MSI製品のRGB制御はMSI MYSTIC LIGHTというソフトウェアでまとめて制御することができ、MSIで統一することでエモなお部屋を演出します

2019年には「湾曲ゲーミングモニター市場において、世界で最も急成長を遂げたゲーミングブランド」と評価された実績も😳

わん吉

MSIはゲーミングモニターでは2017年ごろから参入なので、国内ではまだ認知度やレビューが少ないよ

MSIの特徴

  1. 湾曲モニターの名手
  2. 先進的な製品
  3. VAパネルが多い

湾曲・湾曲ウルトラワイドと言えばMSIは外せません

湾曲モニターはVAパネルが多く、MSIもVAパネルを使っています

VAパネルはIPSと比べて視野角が狭く応答速度が遅いですが、IPSと違って黒がしっかりと黒く表示することができるので、映画やホラーゲームなどとの相性が良い👌

にゃん吉

湾曲以外にも360Hzや4K144Hz、量子ドットなど先進的な製品も取り扱っててめっちゃドラゴン

ミドルのMPG・ハイのMAG

MSIのゲーミングブランドはMPG・MAG・NXGの3種類あります

名前が似てて非常にわかりにくいんですが、MPGがミドルクラスMAGはハイクラスのブランド

ちなみにアマゾンの公式ページではこのように記載されてます

  1. MPG|煌びやかなRGB LEDでゲームとの高い一体感
  2. MAG|eスポーツからモバイルまでの幅広いラインナップ
MPGはモニター前面下部にRGB LEDがある

キャッチコピーにもあるようにMPGはモニター前面にもRGB LEDが搭載されています

単純な性能としては200Hz以上はMAGとなっているようなので、「高性能を求めるならMAG・エモいイルミネーションを楽しみたいならMPG」といった感じで選ぶとよさそう🕵️‍♀️

ちなみにMAGには4K×144Hzの超高性能モニターもあります

ウルトラハイエンドNXG

MSIのフラグシップモデルには「OCULUX NXG」と付けられます

2021年現在は360Hzが最高スペックなので「Oculux NXG253R」がNXGを冠するモニターとなっていますが、過去には240HzモニターがNXGの名を冠していました

  • 最高性能のもの
  • MSIで統一したい

そんなMSI好きの方におすすめです🔥🐲

LG

韓国
主な販売品テレビ/モニター/スマホ/家電
ブランドUltraGear

LGは韓国のメーカーでどちらかというとテレビとかの方が有名

特に有機ELディスプレイは韓国のシェア率がめちゃくちゃ高く、2020年ではサムスンが64%、LGが22%と圧倒的シェアを誇っています(ソース)

さらにLGはNano IPS技術を生み出し、通常より赤の発色がよく色域が広いパネルを使うことで、HDRコンテンツや高グラフィックなゲームに最適なモニターを販売するメーカーとなっています💡

わん吉

競技向けなものより4K×144Hzとかのグラフィック重視系が評価高い

LGの特徴

  1. 有機ELゲーミング
  2. Nano IPSパネルが美しい
  3. コスパが良い

一番の特徴は有機ELテレビのゲーミング

ゲーミングモニターとしてはUltraGearシリーズから4K×144Hzを筆頭に、ウルトラワイドや240Hzの高リフレッシュレートモニターまで幅広いラインナップを持つメーカーです

また、同等レベルの他社製品に比べるとコスパが良いものが多いところもポイント😤

にゃん吉

画質を重視したい人にはLGのはおすすめ度高し!

OLEDゲーミング推奨テレビが最高

4K120Hz・G-Sync/Free Sync対応・黒挿入・低遅延・広色域・高画質

LGのOLEDテレビはゲームにも最適な性能となっています

OLED(有機EL)は欠点として「焼き付き」と「遅延」の問題を抱えているため、一般的にはゲームには向かないと言われてますが、ゲームモードでブーストすることで入力遅延を高速にすることが可能👍

入力遅延について

スクロールできます
解像度リフレッシュレート計測値
1080p(ゲームモード)60Hz10.1ms
4K(ゲームモード)60Hz10.0ms
1080p(通常)60Hz88.9ms
4K(通常)60Hz88.8ms
引用:RTINGS

LGの2021年モデル「OLED48C1PJB」はRTINGSによるとゲームモード外だと88msの遅延があるようです

  • 1ms=0.001秒
  • 88ms=0.088秒

入力遅延というのはボタンを押してからテレビに反映されるまでの遅延のこと

0.9秒の遅延はガッツリわかるレベルなので、ゲームモード以外ではRPGなどのんびり自分のペースで遊べるジャンルでもキツイけど、ゲームモードでは普通にゲーミングモニターぐらいなので遅延の問題はクリア👌

焼き付きについて

OLED(有機EL)の欠点は焼き付きのリスクが高いこと

焼き付きは直らないので一度でも焼き付いたらアウトぐらいに思った方がいいぐらい厄介なもの🙃

しかしOLEDの焼き付き問題はメーカーもわかっているので様々な焼き付き防止機能が施されています

その
スクリーンシフト

長時間画面が静止した部分がある場合にその部分のピクセル(ドット)を動かし焼き付きを防止

その
ロゴの輝度調整

画面上のロゴを自動で検知して輝度を下げる機能

その
一時的ピーク輝度制御

焼き付きのリスクが高い部分を検知して自動で輝度を調節する機能

詳しくはLGの公式サイトをご確認ください(´°v°)/ンピッ

焼き付きを防止するためにいろんな工夫がされていて「ゲームに有機ELディスプレイは向かない」という状況から変わりつつあります

OLEDはVAよりも黒が美しく、IPSよりも発色が良く、TNよりも応答速度が速いという「ぼくがかんがえたさいきょうのぱねる」みたいな性能です😇

映画やスポーツ観戦などに最適とされていたOLED

今では120Hzでゲームにも最適なものと化しているのでPS5やXbox seris X|S用としてもおすすめです💡

Nano IPSのUltraGear

LGのゲーミングモニターはNano IPSが特徴

Nano IPSとはパネル表面に特殊なフィルターをかけ通常のIPSパネルよりも広色域になったパネルのことです

液晶パネルはバックライトのLEDがRGB(赤緑青)のカラーフィルターを通ることで色を表示しています

Nano IPSではこのフィルターがナノ粒子になっていて、R・Gの間の黄色やオレンジの色を吸収することでRGBをハッキリと表示させ、通常のIPSより赤をキレイに表示することが可能になりました

引用:https://www.lg.com/jp/about-lg/press-and-media/20190620-new-ultrawide-hdr-monitor-nano-ips

これによって高級なバックライトを必要とせず、ゲーミングモニターでありながらも広い色域をカバーすることができ、より画質の良いHDRに適したモニターになったというわけです

UltraGearには240HzのFPS向けモデル、4K×144Hzの超万能型、ウルトラワイドなど

幅広いラインナップで高画質なモニターが豊富にそろっているのでゲームに画質を求めたい人は注目のメーカーです💡

DELL

アメリカ
主な販売品PC(個人・法人)/モニター/周辺機器
ブランドALIENWARE

DELLはPC・ノートPCを販売するメーカー

オフィス向けPCとしても有名で、会社のパソコンはデルだという人も多いのではないでしょうか

ゲーミングブランドには子会社のALIENWAREのPCやモニターがあり、日本では有名ユーチューバーのHIKAKINが愛用しているということもあり知名度が高いです

わん吉

DELLの製品はコスパが良くALIENWAREはデザインがかっこいい!

DELLの特徴

  1. コスパが良い
  2. 保証が厚い
  3. デザインがかっこいい

DELLは比較的コスパの良いものが多いです

保証も厚く、ドット抜けにも対応していてしかも最長5年も保証してくれます

一方でドット抜けなど使えるレベルの不具合はネット上に多く見られる印象なので、検品を甘めにすることでコストカットしているのかも

にゃん吉

とはいえセールの多さやクーポンなど値引き率の高さは随一なので注目だよ

DELLゲーミングモニター

DELLのゲーミングモニターは2種類あって、DELLの名前で出しているものとALIENWAREで出しているものがあります

シンプルなデザインで同性能帯の中でもコスパが良いものが多い

アマゾンなどでもセールが多くタイミングが合えば144Hzモニターが2万円以下で購入できることもあります

公式ストアの割引も多いのでチェックしておきたいメーカーです

  • シンプルなデザイン
  • 安くてそこそこ良いもの
  • 保証がしっかりしてる

はじめてゲーミングモニターを購入する方や、ライト~ミドルユーザーの方はDELLのモニター要チェックです

SFチックでカッコイイ!ALIENWARE

ALIENWAREの特徴は何といってもそのデザイン

SF系の近未来感のあるデザインになっていて、モニターとしての性能はもちろん唯一無二の独自性を持ちます

白いゲーミングモニターは少ないので白が欲しい人は最有力候補。しかもセールが多く割引率も高いのもポイントです

360Hzなど競技向けから4K×144Hzなど万能型まで幅広いラインナップで求める性能が必ず見つかるので、「デザインは気に入ったのに性能がこれじゃないんだよなー」ってことがありません

  • 高性能なもの
  • 近未来なデザイン

性能だけではなくデザイン性もこだわりたい人はALIENWAREおすすめです

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

ポチって移動する目次
閉じる